スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.22 脳を鍛えるウインディのDSトレーニング

2015.01.12

ゲームは楽しく面白くあるべきもの。
私は常々そう考えています。
面白くなければ無価値…とまでは言いませんが、
ゲームをツクる以上は
プレイヤーに与える楽しさや面白さを追求したいところですね。

さて今回遊んだ紅白作品を紹介します。
VIPRPG紅白2014 No.22 脳を鍛えるウインディのDSトレーニング



表示された日本史事件の年号を答えたり、
英単語の意味を答えたりするゲームです。
一応問題を出すキャラは変更することができます。

感想は、不親切という一言に尽きます。
まず一度問題を選ぶと、あとはそれに関連する問題が
アトランダムで表示されるので答えていくだけの状態になり、
元の画面に戻ることはできず、終わるときはF12するしかありません。

また問題に正解したからといっても
正解の効果音がなるだけで、特に何もありません。
ただただひたすら問題を解くだけ。
バグなのかもしれませんが、
日本史年号Bに至っては
同じ問題が何度も何度も出てくる始末。
心が折れました。

今回のように受験問題が出るようなクイズゲームだったら、
一回の出現問題数をちゃんと決めて、
結果画面で正答率やセンター合格率などを算出・表示した方が
現在の自分の頭の状況などが確認できて良いと思います。
また間違えた問題の内容をもっとちゃんと解説して、
覚えやすくするなどもいいでしょう。
一応解説らしきものはありましたが、足りないと思われます。

正直面白さなどは一切感じられませんでした。
センター試験を控えた受験生とかなら、
あるいは腕試しとして使えるのかもしれませんが…、
楽しくはないでしょうね。
ゲームなので楽しくあってほしいです。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
脳を鍛えるウインディのDSトレーニング
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。