スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白作品紹介 No95 アーディスとセフィーナ

2012.02.20

RPGツクールで作成されたパズルゲーは結構あります。
2012年の紅白viprpgでも色々提出されたみたいです。
まぁパズルゲーは普通のRPGとかでもダンジョンのギミックとして登場したり、
おまけのミニゲームとして用意されていたりと、
案外RPGと親和性の高いものなのかもしれません。

さて、紅白の最期の方に提出されたゲームの中に
パズルゲーが一つ混ざっていました。
それがこれ、No95 アーディスとセフィーナ!



この世の全てを緑で埋め尽くさんとする緑化委員の委員長アーディスと、
ダメージ床無効のセーフティブーツの擬人化キャラセフィーナを
それぞれ動かして、先に進んでいくというパズルゲーです。
溶岩の上に移動するとアーディスは死んでしまいますが、
セフィーナを利用することで先に進めるという寸法です。

ルールは単純明快この上なく、最初はサクサク先に進めるんですが、
パズルゲーというものは得てして後になればなるほど頭を使うようになり…、
結局26分くらいでクリアする結果となりました。
感想掲示板を見ると11分くらいでクリアしたバカもいるみたいなので侮れません。

シンプルなくせに頭を使う…こいつぁやられたぜって感じのゲームでした。
最後のステージはびっくりして更にびっくりしました。
オチもよかったw

加齢により硬くなっていく頭をやわらかくするには
このゲームはうってつけではないかと思います。
枕から加齢臭が漂ってきた皆様方、是非PIAIしてみてください。
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。