スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から使えるツクール技!必殺のコモンイベント検索法!

2012.08.28

コモンイベントは非常に便利な機能ですよね。
CommonEventの名に恥じぬ、汎用イベントとしての使い方ももちろんですが、
コモンイベント単位で処理を分けて可読性を上げるなどの使い方、
その他もろもろ…、本当に便利な機能です。

自作システムツクラーならば、このコモンイベントを使わない人はいないでしょう。
マップイベントに全部書くのも初心者のころはやりがちですが、
慣れてくるとやはりコモンイベントに処理を書くようになるものです。
中にはコモンイベントの数をステイタスとするツクラーだっています。
私がそうです。
ちなみに、私のゲームのコモンイベント数は53万です。
もっとも、最初から完成させるつもりはありませんのでご安心を…。

さて、そんな便利で便利で仕方が無いコモンイベント。
数が少ないうちならまだしも、
自作システムを構築していくにつれ、数が増えていくと、
どうしても避けられない問題に直面します。
とあるスーパーツクラーの日常を例にしました。

------------------------------------------------------------



ふふふ、こうやって処理毎に分けることで
美しくも儚いイベントを書いてる俺ってかっこいいなー。
外見も内面もイケメンすぎる俺って罪だなー。

さて、戦闘イベントでバグが出たぞ。
多分味方攻撃時の処理に問題があると思うんだけど…、



おっと、味方攻撃時の初期処理は
「0138:0フレーム処理」ってイベントにまとめてるんだったな。
ちなみに先頭の0138は、コモン0138番目の「★Actor1:攻撃処理」から
呼ばれてるイベントってことを表しているんだ。
イベント名を見ただけでどこの何の処理かが理解できる
ベルベル式tktkテクニックさ、覚えておきな。
おっとそんなことよりこの「0138:0フレーム処理」を探さないと。



…ふっ、俺がスーパーツクラーすぎて、
いつの間にやらこんなにも大量のコモンイベントをツクっていたのか…。
総コモンイベント数は857個。
ここから目当ての1個を探し出すのは至難だな。
だが、覚悟を決めるぞ!
覚悟を決めるしかないんだ!!













はぁ、はぁ、あ、あった…。
このイベント見つけるのに10分かかっちゃったぜ…。
はは、はは、はははは…。









エターなった^w^

------------------------------------------------------------

※この物語はフィクションです。

目も当てられない悲劇ですね。
あぁ、スーパーツクラーがゆえの回避できぬこの苦行!
なんとかならないものでしょうか…?
はい、なります。
みなさんもご存知の、あのツールを使えば一発です。

「あ、"RPGデバッガー200X"を使えばいいんだな!」と思ったあなた、おしい!
RPGデバッガー200Xは既にイベントの場所が分かってて、
それがどこから参照されているかを調べるには凄まじく便利なツールですが、
今回のケースのように、イベント名しか分からない、とあるイベントが
どこにあるのかを探し出すのは若干難しいのです。

では何を使えばいいのか?
これです。みんな大好き、"TkoolBridge"を使えばいいんです。



例えばこのコモンイベント、名前も地味で探しづらいことこの上ないですね。
これを目で探し出すとなると時間がいくらあってもたりません。
そこで、TkoolBridgeの出番です。
フォーカスしてる部分をコピペして、TkoolBridgeで変換してください。
それで全て片がつきます。



このように、コモンイベントの番号がTkoolBridgeにて出力されるのです。
番号さえ分かってしまえば後は簡単!
コモンイベントの一覧にて、その番号を探せばOK!!



はいみつかったー!所要時間10秒未満!
素晴らしすぎる…。

いやぁ、TkoolBridge、超便利ですね。
これであなたもエターナルから脱出しましょう!

●追記
RPGデバッガー200Xでも普通にイベント検索できました。
イベント名を検索にかけることができます。
しかもこれ、マップイベント名も対象になるのでより便利です。
何で誰もこの機能を教えてくれなかったんだ!!


●参考リンク
TkoolBridge
RPGデバッガー200X
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。