スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このマクドがすごい:恍惚さんと話すマクド

2012.07.24

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

マクドシリーズはマクドシリーズなりの世界観があります。
世界観なんて言葉を使っていいのか分かりませんが、
ちゃんと独自の世界があるんです。
マクドが別の世界(ゲーム)におじゃますることはあっても、
このマクドワールドに別世界のキャラがおじゃますることはあまりないんです。

ところが今回紹介するマクドシリーズ3作目はその数少ない例外です。
その名も「恍惚さんと話すマクド」!
なんと、あのもしもワールドからあの恍惚なる闇が!?


出ましたな。
とすると、彼の隣にいるのが…?



やっぱり。
姿形はそっくりだけど、全く異質な存在に出会った恍惚さん。
その心情たるや複雑そのものでしょう。




マクドシリーズがだいぶ出た今の環境でも、
果たして彼は恍惚と同じくらいの知名度があるのかどうか。
どうでもいいけど「心が読める」で遊戯王を引き合いに出すってことは
つまり恍惚は遊戯王が好きなんですね。



うわっ、いきなり壊れた。



恍惚はそんなこと言わない。




マクドらしくなってきたっちゃなってきた。



なんか変なのまで飛んでくる始末。
二人で仲良く話してるのに突然話に入ってきて場を白けさせる図。


何か違う。
恍惚さんがおかしくなる話は少なくないけど。
この世界でおかしくなったらマクド氏と何も変わらないんじゃなかろうか。


俺が聞きたい。


Fin...

この「恍惚さんと話すマクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
心を読むという単語を聞いたら、色んな作品が頭に思い浮かぶのでしょうが、
ここで何を例として上げるかでその人の嗜好が分かるという
人間観察術についてなのでしょうか。
世知辛い。

このゲームは漆黒の保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:恍惚さんと話すマクド
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。