スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツクスレ作品紹介 もしもほぼみんな敵だったら2

2012.07.16

デフォ戦は、ツクラーならばみんなが慣れ親しんだシステム。
自作戦闘との大きな違いはまさにそこにあると思います。
多くの人がデフォ戦を経験してるゆえに、
ゲーム開始前から既に戦闘に慣れている!
その反面自作戦闘はほとんどの人が初見!
この差はいかんともしがたい大きな差だと思います。

デフォ戦を搭載する側は、考える必要があるかもしれません。
デフォ戦だからといってぽいされることがないように!
他ゲーとの差別化、テンポ、モンスター、戦闘アニメ、etc...。
ある意味デフォ戦でも自作戦闘ばりに考える余地があるかもしれませんね。

これから紹介するゲームも、デフォ戦に特殊なシステムを盛り込んでいます。
テンポ!かなり良いと思います。
モンスター!色んなやつがいてとても新鮮です。
戦闘アニメ!…は後のお楽しみ!
etc!もちろんもちろんあることでしょう!

まだPIAI途中ですが、これはとっぷりハマってしまいそうです!
2011年紅白VIPRPG エントリーNo8
「もしもほぼみんな敵だったら2」!!


登場キャラクターのほぼ全てが敵であるというこの触れ込み!
その名に違わず、行く先々でバトルが繰り広げられます。
本当の雑魚敵との戦いより、
会話シーンなどがある中ボス戦の方が数が多いんじゃないかって思うくらいです!
見るゲとしての一面もあると思われる、
もしもワールドが好きな人にもたまらない一品かと思われます。

デフォ戦の難易度は、基本的には若干ぬるめの戦闘バランス。
しかし四天王などの大ボス戦はなかなか歯ごたえある感じですね。
更なる強敵との無理ゲーちっくなバトルもありますが…。
技を使用するためのMPが徐々に貯まるシステムなので、
大技を使うために様子を見るという戦法もとれます。
デフォで強力防御なので、防御はかなり使えるコマンドです。

シナリオ的には、分かりやすいシナリオかと思いきや、
裏で暗躍している謎の影が…!
一体謎の影の正体とは!気になるところです。
敵キャラとして数多くのもしもキャラが登場するので、
彼等との掛け合いも魅力的ですね。

まだまだ中盤になったかどうかも分からないレベルです。
ほぼ全てのキャラが敵という触れ込み、もしもワールドの広大さからいくと…、
まだまだ戦うことになりそうなキャラがいっぱいいっぱいいそうです。
魔王軍四天王もまだ二人しか倒せてないし…、
まだ神とか三将軍などの勢力とは戦ってないし…、
うおおおおおおおお、まだまだたっぷり遊べそうです!!

ちなみにこの作品2らしいですけど、
別に1をプレイしてなくてもそれほど支障はなさそうです。
1をプレイしてない俺が言ってるから間違いない!!

このゲームのオススメポイント。



赤いシンボルは強敵を示しています。
シンボルの色で自分がどれだけ強いかを表すとは、
何か南米あたりの動物にそんな特徴をもったやつがいそうですね。

強敵その1:桃色死神


強すぎ。
この防御力と攻撃力で、ボム6回投げてもまだ生きてるHP量ってどんだけ。

強敵その2:分身ニンニン


強すぎ。
防御で様子見てるときに即死攻撃とかやめてくだしあ<>
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。