スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あなたの心に残るツクール作品は?

2012.07.01

ツクラーなら誰しも、1度は他人のツクールゲーを
プレイすることだってあるでしょう。
時には王道長編RPG、時にはしっくりまとまった短編RPG、時にはksg、etc...。
ツクールゲーはまさに玉石混合。色んなモノがあります。

その中には、あなたの心を掴んで離さなかったゲームがあるかと思います。
世の中にはこんなにも面白いツクールゲーがあるものなのか!?
そんなゲーム、必ずあると思います。

私も、このゲームを遊んだからこそ、ツクールにハマったという作品、あります。
ツクールにハマった後に触れて、感動したという作品もあります。
他の人からはイマイチ同意がとれないけど、
自分の中では傑作神ゲーだった、そういう作品もあります。

今日はそういった私の心に残ってる名作ツクールゲーを紹介していきます。

①ロマンシングラウンジ2
参考サイト:保管されていない作品保管庫



まぁ心に残る名作というお題であれば、このゲームを外すわけにはいかない!!
というくらい俺の大好きなゲームです。
ラウンジツクスレ時代に製作された、フリーシナリオRPGなリレー作品です。

まず何が心に残ったかって、この大作を見事完結させてるのが凄い!
ロマサガ特有のフリーシナリオ、自由すぎるネタ、
ボリュームたっぷり、それでいてしっかりしたバランス!
あぁ、ツクールで…ツクールでこんなのがツクれるんだ…。
このゲームをきっかけにツクールを頑張り始めることになったわけです。

とはいえ、このゲームはコテネタ内輪ネタ版権ネタがひどいです。
このキャラがなんなのか、どんなネタなのか、
さっぱり分からないままプレイした記憶があります。
にもかかわらず、それでも楽しめた変な作品です。
うーん、それだけのパワーがあったということなのでしょう。

いつかこんなゲームを自分の力でツクってみせる!
この夢を実現するまでは…私はツクラーでありつづけたいと思います。
え、いつ実現するのかって?
え…あぁ…うん…もうちょい…可及的速やかに…。


②トラベラー
参考サイト:トラベラー改良版サポートページ



ツクスレを見始める前は、ふりーむなどのフリーゲームサイトから
ツクールゲーを落としてプレイするという日々を満喫していました。
最近はフリーゲームをプレイする機会が減ってしまっていますが、
当時はかなりプレイしたと思ってます。

そんなはるか昔、私の心を奪った中編RPGです。
夢の世界にダイブして、色んな悩みを解決するというジェードさんが主人公です。
ダイブする人によって異なる様相の夢の世界を冒険する楽しみのほか、
弟子のベリルとの若干甘い恋路も楽しめるゲームだったと思います。

夢の世界に入って問題を解決するという設定。
当時の私には、この設定はとても斬新で面白い!と思ってました。
さらにこのゲーム、全体的に「丁寧」です。
細かいところに気を配ってるというか…、
ちゃんと世界をツクってる感じがします。
かなりプレイしやすいゲームです。

ちょっと古めですが、
今プレイしても楽しめる作品じゃないかなと思ってます。
俺の心に残るくらいなんです。面白くないわけがない!!
私の心の中で、美しい思い出として生き続けているゲームです。


③ピカフォース
参考サイト:牛乳パック



ピカフォースという物体を集めるために旅に出た若者エルメトの物語です。
ふりーむなどに公開されてはいますが、
このゲームは一度ツクスレに投下されているゲームです。
作者本人が投下したのか、はたまた別人か…真偽の程は定かじゃありません。
投下されたという事実は確かです。

内容はグラフィック、あと決定音が特徴的なデフォ戦RPGです。
難易度はそこそこ歯ごたえのある感じで、
ストーリーもあってないような感じです。
本筋だけを追っていくと、あまり大したことないゲームです。

じゃあ何が面白いのか?
それは主人公以外にも、それぞれの目的で旅をしている
ドーグ、キュン、リアという3人の冒険者がいるのですが…、
最初はこの人達が仲間になってくれるのかな?って思うくらい濃いキャラです。

物語を進めていくと、ちょっとした寄り道的な感じで
彼等3人それぞれのイベントを体験することができます。
あぁ、多分このイベントを最後まで見ていくと仲間になるんだなと。
そんなイベントです。
この予想は当たらずしも遠からず、という感じですが。

私はこのイベントを3人分、最後まで見ました。
涙が出てました。
悲しいという涙もありますし、なんか違う涙もありました。
とにかく涙が出たんです。
そんなゲームです。
多くは語らず、心の中に。


あなたの心に残る作品…、果たしてどんなものなのでしょうね。
一度思い返してみてはいかがですか?
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。