スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から使えるツクール技!会話中だけその場足踏み

2012.06.19

RPGツクール2000には顔グラフィックを表示する機能があります。
会話シーンなどで顔グラフィックを表示することで、
今誰がしゃべっているのかが直感的に分かりますよね。

でもちょっと硬派を気取ってあえて顔グラを使わなかったり、
結構文章枠を圧迫するため、文章メインのゲームでは使いづらかったり、
あとはゲームの雰囲気に顔グラ表示機能が似つかわしくない場合もあるかも。
顔グラを使うか使わないか、結構ツクラーやゲームによりますね。

顔グラを使わない場合、ある問題が出てくる可能性があります。
それは、「誰が喋ってるのか分かりにくい」という問題です。
大体の場合、文章と一緒に名前も表示するケースがほとんどなので、
全く分からないというわけじゃありません。
ただただ分かりづらいだけなのです。

さてここで問題です。



この台詞は誰が喋っているでしょう?

うーん見ただけで心踊り胸躍りドキドキが止まらない、そんな場面ですね。
でも残念ながら…非常に残念ながら…、
顔グラがないばっかりに、
あと画面構成力が足りないばっかりに、
誰が喋っているのか全く分からない!!!
これではせっかくの感動も台無しです。

もし、あなたが紅白見るゲ部門で一位を取りたいなら、考えるべきです。
今喋っている台詞は誰が喋っているのかパッと分かるものか?
世の中は分かりやすさが命なのです。

じゃあ顔グラ使えばいいじゃんと思うあなた。
そう、そこのあなたです。
これだからあなたはいつまでたっても見るゲ部門に票が入らないんですよ。
前述したように、色々あって顔グラを使わないケースもあるんです。

さぁ、顔グラは使えない、しかし誰が喋ってるのか一発で分からせたい。
そんな時に手軽に使えるのが…、そう、「キャラクターの動作指定」!
喋ると同時に動作指定することでキャラクターを動かし、
プレイヤーにパッと見て誰が喋ってるのかを理解させる一つの手ですね。

しかし、キャラクターの動作指定を使って
どうやって喋ってるキャラを分からせるのか…。
喋る度に歩いたり、ジャンプさせたり、回転したり、グラフィック変更したりすると
会話よりもそっちの方が気になって仕方がありません。
これは自己主張が激しすぎるし、雰囲気にそぐわない場合も多いですね。

ひっそりと、しかし確実に喋ってるということをアピールする動作…、
それが今回紹介する、「喋るときだけその場足踏み」です!!
え?キャラクターの動作指定にそんなコマンドはない?
これだからあなたはいつまでたってもこれはひどい部門にすら票が入らないんですよ。
確かにコマンドはありませんが、ちゃんと出来ます。
手順を見ていきましょう。

まずはイベントページに下準備をしておきます。
足踏みさせたいキャラのアニメーションタイプを「足踏みあり」にしてください。



あ、さっきのペヤングはこいつです。

そして、例えば会話イベントが自動実行タイプならば、
イベントの冒頭でキャラクターの動作指定で「アニメ停止」をかけてください。
こうすることで対象キャラの足踏みが一切行われなくなります。

もうお分かりですね?
あとは喋るイベントの前後に以下のようにして
動作指定イベントを組み込めばOKです。



このキャラクターの動作指定を挿入することによって
文章ウィンドウがいちいち閉じたり開いたりすることはないのでご安心を!
ただし、会話中にキャラを歩かせる場合、そのままの状態だと
足踏みせずに移動しちゃうので、移動の前後にアニメ開始/停止を挿入してください。
あと、イベントのアニメーションタイプをちゃんと足踏みありにしないと、
動作指定でアニメ開始をしてもその場足踏みはしません。

いかがでしたか?この技は別に顔グラありのゲームであっても普通に使える、
かなり汎用性の高い小技だと思います。
これで君も紅白の星だ!!


※この技を使っても票が得られない場合があります。
 その場合単に面白くないだけですので当方では一切責任を負いません。
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。