スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日から使えるツクール技! 個別に指定動作の全実行:基本編

2012.06.07

キャラクターの動作指定は大事なイベントコマンドですよね。
自分のキャラクターを自由自在に動かし、物語を動かしていく…、
うーんゲーム製作に欠かせない、素晴らしいイベントです。

そしてそれをサポートするイベントコマンドの一つに、
「指定動作の全実行」というものがあります。
キャラクターの動作指定で動いているキャラクターの動きが終了するまで
イベント処理をストップするコマンドです。
これが無いためにイベントの途中でキャラクターが
明後日の方向に行ったりするゲームを私は何度と無く見てきました。
これもまた大事なイベントコマンドと言えるでしょう。

しかし…このコマンド、ちょっと不便なところがあります。
それは、「動作指定された"全て"のキャラの動作が終了するまで待つ」という点です。
同時に複数のキャラが動いている中で、あるキャラの動きだけ待ちたいのに、
他のキャラの動きが止まるまで待つことになってしまう…、
こんな経験をされた方も多いことでしょう。

そんなツクラーにお勧めするのがこの技!
こんな風にイベントを書けば、
自分の意図したキャラの動きだけを待つことが出来るのです!!
以下がそのコマンドになります。





キャラクターの動作指定の最後に、スイッチをonにするようにします。
そしてその後、そのスイッチがONになるまで
繰り返し処理で待ち続けるという処理の流れになります。
たったこれだけ!理屈は分かるでしょう?
というわけでこの理屈を実戦に持ち込んでみましょう!!


以下に2種類のキャラクターがいます。
ほとんど同じような仕様ですが、見た目以外に歩く速度が異なります。



こちらは移動速度4倍です。見るからにすばしっこそうですね。
なんか「ウッキーウキー!!ムキャー!!フォッフォー!!」とか言ってそうです。



対するこちらは移動速度1/8倍です。見るからに重くて汗臭そうですね。
なんか「ぬふう、ぬふう。」とか言ってそうです。


これらのキャラクターを使ってあるイベントを作りたい。
キャラクター毎に、それぞれ移動しおわったら台詞をしゃべらせるという、
どんなエターナラーでも鼻で笑っちゃいそうな簡単なお題です。

しかしそこはエターナラーのエターナラーたるゆえん。
彼はこんなイベントを書きました。





キャラクターが移動するのを待つために、指定動作の全実行を使っています。
前述したとおり、このイベントは「"全て"のキャラの動作を待つ」イベント。
よってこれは言うまでもなく不正解、どんなイベントになるかと言うと…。



のたのた………。


とろとろ………。



うるせえバナナぶつけんぞ。


どうやってもこの問題を解決できず、
結局エターナラーはまたもエターなってしまいましたとさ。
めでたし、めでたし…。

そこで一流ツクラーベルファーレが颯爽とやってきました!
一流ツクラーベルファーレは一瞬で要件を理解し頭の中で設計書を作り、
そのまま目にも留まらぬキーボードさばきで、
あっという間に以下のコードを書いたのです!!!





ファルコンとブライアンの動作指定の最後に、
それぞれスイッチをオンにしています!!!
そしてスイッチがオンになるまで待ち続け、
オンになったら台詞をしゃべらせる…完璧な流れです!!!




心なしかこのお猿さんがとてもかわいらしく見えてきます。


いかがでしたか?
この技は色々と応用が利くので、
是非ともマスターしてtktkに活かしてみてください。
注意点としては…繰り返し処理でオンになるのを待ってるスイッチが、
何かの不手際でオンにならなかったりすると、そこで処理が止まっちゃうので
その辺は要注意、くらいですかね。

次回はこの技の応用編にいってみたいと思います。
関連記事

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。