スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.50 わてりが頑張るゲーム

2015.07.07

その昔にゃんたんのゲームブックという本で遊んでました。
その場面に応じて選択肢を選んでいくことで物語を進めます。
よく覚えてるのは、世界を創造中のにゃんたんが
肉食動物か草食動物のどちらかをツクろうという選択肢で、
「肉食動物をツクったらにゃんたんが食われるだろうから草食動物!」で
草食動物を選んだら世界中から草がなくなってゲーム終了という、
非常に教育的なオチを堪能した思い出ですね。

思い返すとRPGツクール3でそんな風に
選択肢で分岐するゲームをツクったことがありました。
もちろんエターなりましたけどね。
私の場合完全に選択によって全然違う展開になったので、
それぞれの展開を最後まで面倒見切れなくなってました。
中学生らしく後々のことを考えない無謀な発想でしたね。

さて、今回遊んだゲームも選択肢によって経過が変わり、
最終結果に違いが出てくるタイプのゲームです。
大筋は一緒だけど、選択によって展開はだいぶ異なるので、
中学生時代の私とは違う堅実なツクりだなと思わせてくれました。
こちら、VIPRPG紅白2014 No.50 わてりが頑張るゲーム



寝込んでいるウィンドⅠことウィンディのために薬草を採りに行く
ウォーターⅠことわてりの短編物語です。
前述した通りいくつかの選択肢があり、
選んだ内容に応じて展開が変わり、最終結果に影響します。

言ってしまうと、薬草を採りにいくためのわてりの装備に影響し、
それによって薬草が採れるかどうかにも影響します。
なんと装備に応じてわてりの立ち絵が変わり、
またその立ち絵がかわいらしいので、
ついつい色々見たくなっちゃいます。

そう、話も短いし、立ち絵も見たいし展開も変わるということで
何度もリプレイしたいところなんですが…、
特にオープニングなどがちょっと長めで、
かつ選択肢直前などでセーブもできないので、
リプレイしやすいかと言われるとそうでもないのが玉に瑕です。
まぁ見るんですけど…。

短い話ではありますが、
何度も遊びたくなる魅力があります。
日本人はサウンドノベルで全選択肢のパターンを見たり、
ダンジョンで全分かれ道をわざわざ戻ってまで歩いてみたり、
そういうタイプが多いですから仕方ないですね。はい。

最後に私の初見PIAI時のわてりの装備を
お届けします。


※画像は加工済みです。

痴女かな?

参考リンク
VIPRPG紅白2014
わてりが頑張るゲーム
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。