スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.48 デュラハンさんの頭をお持ち帰りする

2015.07.05

前回、パズル的な戦闘が苦手と書きましたが、
あれは別にパズルゲーム全般が苦手というわけではありません。
ある程度後々のことまで考えるくらいなら大丈夫です。
30秒くらいなら先見の明があるということです。
それ以上になるとちょっと自分エスパーじゃないので…。

まぁ基本的にパズルゲームというものは、
1ステージのことだけ考えればよいわけです。
もし全ステージで使える便利な技があるけど、
その使用回数がゲーム全体で共有されているとかだと…
わりと発狂するかもしれませんね。
面白そうではあるのですが。

さて、今回遊んだゲームは別にそういうわけではなく、
所謂普通の1ステージのことだけ考えればよいタイプ。
また私の好きなキャラであるトリッシュとデュラハンさんが主演です。
こちら、VIPRPG紅白2014 No.48 デュラハンさんの頭をお持ち帰りする




何故か頭部が迷子になってしまったデュラハンさんを助けるべく、
各地で奔走することになったトリッシュが主人公のパズルゲームです。
木箱を押す、踏み台から木箱等に乗る、薄い壁をすり抜けるなどの
シンプルな要素を組み合わせて、
質の良いパズルゲームに仕上がっている感じです。

デュラハンさんの頭を探しにいく「行き」と、
頭をもったままスタート地点の体に持っていく「帰り」を
それぞれ考える必要のあるゲームデザインがいいですね。
トリッシュは薄い壁をすり抜けられるがデュラハンさん頭部はすり抜けられない、
踏み台がないとオブジェクトの上を通れないなど、
どうやって帰りつくか…そう、後々を考える必要のあるシステムになっています。
帰るまでが遠足ですからね。

ステージ数は約30個ほどで、
後のステージになると進むと木箱を水に沈めたり、
固有の能力をもったお助けキャラと交代できるようになるなど、
新要素が加わってきて更にパズル要素が増します。
これにより飽きを感じることはありませんでした。

クリア時間やヒントを見た回数、リトライした回数などから
スコアが算出され、ランクが表示されますが…、
これだと2週目なら必ずSがとれるシステムなので、
スコアの見せっこをするなら初見一発目のスコアを見せましょう。
いるんですよね、ハイスコアを自慢したいがために
何度もプレイして良いスコアが出たものを
さも一発で出してみたように見せ付けるやつ

リトライやヒントなどが提供されており、
難易度的にも、ゲームインターフェース的にも、
優れたパズルゲームになっていると感じました。
まだ全ステージクリアできていませんが、面白いです。
皆さんも是非遊んでみてください。

どうでもいいけど2014年度の紅白はトリッシュゲーが豊作でいいですね。
なんか知らんけどトリッシュ好きです。
それとデュラハンさんはー、嫌いな人おらんやろ!

参考リンク
VIPRPG紅白2014
デュラハンさんの頭をお持ち帰りする
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。