スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.44 突然ですがクイズの時間です

2015.06.28

私恥ずかしながらニュースとか見ないので…、
あとスポーツにもあんまり興味がないので…、
あと学生時代に勉強をおろそかにしていたので…、
これらのジャンルが苦手なのは仕方のないことですよね。

さて、前置きはともかく紅白作品のPIAIといきましょう。
今回遊ぶ作品はVXACE作品です。
VXACEによる作品は割かし多い気がしますね。
ではこちら、VIPRPG紅白2014 No.44 突然ですがクイズの時間です



本当に突然クイズをやるゲームです。
クイズジャンルは6つあり、それぞれ問題内容は固定です。
なので実際に今の自分の頭を試すというのであれば、
初見一発目のスコアを見ると良いでしょう。

さて、実際にやってみると結構難しい…。
一律四択問題ではあるのですが、どれも合ってそうな微妙な選択肢ばかり。
勘に身を任せてもなかなか上手くいかない悩ましい問題が多いです。
時事問題はわずか2点でした。くそが!
では他のジャンルもじゃんじゃんやっていきましょう。



スポーツ問題は5点。
Eスポーツならそれなりに答えられる気がするんだけどなぁ…。
サッカーのオフサイドのルールも分からない割には答えられた方だと思います。



教養問題は2点。くそが!
あれか!俺が無教養だって言いたいのか!
悪かったな!



待ってましたフリーゲーム問題、これは8点でした。
なんだかんだ言って表ゲーの話題とかが出ても答えられますね。



地理問題、これは6点
国名とか首都名当てる問題でもう少し稼げたらと思った。



ラスト英語問題、これは9点
日頃LOLで外国人相手に罵り合いをやっているおかげでしょうか。
というか明らかに簡単でしたね。

こんなところですかね。
ゲームの感想ですが、やはり問題が固定だとそう何度もは遊べないです。
あと1ジャンル終了したらタイトル画面に戻っちゃうので若干面倒ですかね。
ま、クイズの質は良かったものと思います。

それとこのゲーム、各ジャンルごとにクイズを出す人が異なるのですが、
その人たちの人物説明がやたら壮大なのが面白いです。
どうやらベースとなっているゲームがあるようですが、
残念ながら紅白でのお披露目はかなわなかったようですね。
逆に気になってしまいました。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
突然ですがクイズの時間です
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。