スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.40 memory scream

2015.06.23

時は2015年6月23日。
2015年GWも盛況のうちに終了し、
そろそろ2015年夏の陣が始まろうかというのに、
未だに2014年紅白作品をやりきれていない体たらくがレビューします。

今回遊んだゲームは何とも荒廃した世界観が魅力であり舞台。
メタルマックスシリーズしかりFF6の崩壊後世界しかり、
何とも終末感漂う感じが私好きなのですが、
この作品からもそんな匂いを若干感じました。
こちら、VIPRPG紅白2014 No.40 memory scream




人類が滅亡し、亡者がはびこる地上。
神の眷属である主人公たちがそこに降り立ち、人間がツクりだした文化を集めていく
収集系ほぼ見るゲーです。

マップのツクりなどが結構丁寧です。
影部分を歩くと主人公に影がつくなど、ゲイコマです。ゲイコマ。
ゲーム後半など、荒廃してる感漂うマップがつづくので、
そういうのが好きな私としては高評価ですね。
基本的に収集するために歩くゲームなので、
マップが楽しいとゲームも楽しくなります。

収集要素についても、若干謎解きが必要だったりと、
ヨダレたらしながら何も考えずに進めれば
全てのアイテムが手に入るわけではないです。
かくいう私も恐らく1個見落とした状態でクリアしました。
こうなると悔しいものがありますね。

あと、とにかく駄弁るゲームだなという印象でした。
何かオブジェクトに触るたび、何か人に話しかけるたびに
ワールドさんと主人公一派が駄弁る、駄弁る駄弁る!
ゲームボリュームとしては小粒な部類に入るんじゃないかと思いますが、
総文章量はかなり大したもんじゃないでしょうか。
この会話が若干ゲームテンポを落としている気がしますが、
雰囲気作りには一役買っているので良しとしますか。

あと特筆するべきなのは…、
マップ探索&収集を終えたあとの最後の選択ですかね。
この最後の選択の結果次第で人類再興までの時間が決定するわけですが…、
ぶっちゃけ何が影響するのかイマイチわからなくて、
何が良いのか悪いのか、分からないまま終わるそんなのは嫌だ状態でした。
とりあえず神に結婚を申し込んでみたり、
集めたアイテムを持ち逃げしてみたり、
生き残ってる連中を皆殺しにしてみたり、色々やってはみました。
何がどう作用するのか示唆してくれてると嬉しかったのですが…、
まぁここは人それぞれでしょう。

神と主人公達の駄弁りにどういう印象をもつかで、
このゲームの楽しさが変わってくることでしょう。
人によってはニヤニヤしながらPIAIするかもしれませんね。
ちなみに私はゲーム中常に無表情でした。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
memory scream
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。