スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.36 混沌のイケニエ

2015.02.11

私はホラーゲームが苦手です。
嫌いじゃないです、苦手です。
ツクールでは数多くのホラーゲーがツクられて…
あっこれもういいですか。
はい。

前回遊んだ2014紅白 No.14はひいこら言いながらも…、
なんとかクリアできました。
これはやはり最後のキャラであるニンニンが、
敵に対して攻撃できる、ということができたからでしょう。
プレイヤーに対して襲い掛かる恐怖の存在に対して対抗手段があるというのは…、
なおかつ倒れてくれるってところがひとえに良いですね。
これがあるとないとでは安心度が全然違います。

そう今回遊んだのは…、
少なくともそういった対抗手段は皆無で…、
ただただ恐怖の存在から逃げるしかない…。
ただただ恐怖の存在を受け入れるしかない恐ろしいゲーム…。
VIPRPG紅白2014 No.36 混沌のイケニエ




ツクスレでお馴染みのやみっちとらいちが、
目が覚めたら何故か閉じ込められてた謎の屋敷から逃げ出すゲームです。
探索を続けていると心臓の鼓動音が高鳴り…、
恐怖の存在が壁を抜けながら追いかけてきます。
前述した通りこいつを倒したりする方法はなく、
出会ったらとにかく逃げ切るしかありません。

恐怖の存在につかまると、精神を病んでしまい、
完全に発狂した状態で捕まるとゲームオーバーです。
体力も設定されており、どうやら出血などが発生するようですが…
残念ながらそこまで行き着く前にPIAIをエターなってしまいました。
だって怖いんだもん…。

そもそもホラーゲーが苦手なベルベルが、
このゲームの何が怖いのかをまとめてみました。

1.暗い
そう、このゲーム視界が不明瞭なんです。
もともと屋敷の中が暗く、懐中電灯をつかって辛うじて視界を保ててる状態。
そんな中で探索や逃走をしなければならないのです。
屋敷ならシャンデリラくらい用意しとけよ…。

2.広い
屋敷内部でエリアが分かれており、エリア内を探索して鍵などを集め、
次のエリアに進んでいくというスタイルなのですが…、この1エリアが結構広い!
廊下がどこまでつながってて、どこにいけばいいのかが分かりにくいのです。
それを暗闇の中探索しなければならないのです。
どこまで行けば終わるのか、不安までもが広がっていきます。
こんな広いなら地図くらい完備しとけよ…。

3.追われる
前述した通り、撃退不能の恐怖の存在が壁抜けしながら追ってきます。
倒せないのはともかく、壁抜けしてくるってなんですか…。
しかもただ別のフロアに逃げてもまだ追ってきます。
心臓の鼓動音がなくなるまで、逃げ切る必要があるのです。
視界外に逃げられたら追うのやめろよ…。不公平だぞ…。

4.無くなる
視界を確保する懐中電灯、楽しい音楽を流して
やみっち達及びプレイヤーの精神を回復してくれるウォークマンなどの
便利アイテムがあるのですが…これ使い続けると電池切れを起こすんです。
消耗品のバッテリーを使って再び使えるようになるんですが、
切れた瞬間光や音が消えること、いずれ訪れるバッテリー全滅のことを考えると…、
これはかなり怖いですね。
屋敷なら電池くらい大量に保存しとけよ…。

少なくともこれらの要素があるということです。
前情報でびっくり要素は少ないと聞いていましたが…、
ホラーゲーが苦手なプレイヤーは些細なことでびっくりするものです。
懐中電灯が切れた瞬間や、恐怖の存在が現れた瞬間は
体がビクっと震え上がりますね。

そんなわけで途中でPIAIを断念してしまいました。
スーパーツクラーの俺にもできないことくらい…ある…!
やっぱホラーゲーは苦手です。
他の人がPIAIしてるのを見るのは大丈夫なんだけどな…。
傍目から見るのと自分の手で動かすのは違いますからね。

個人的にこのゲームの恐怖度は3.5ってところですかね。
これにびっくり要素やスプラッタ要素などが含まれてくると、
夢のベルベルホラーミシュラン5つ星を獲得できます。
出血とかいう概念があるようなので、ゲームを進めると
スプラッタ要素も出てくるかもしれませんが。

ちなみに私が唯一恐怖を感じずにPIAIできるゲームは
バイオハザード2のみです。それも表だけ。
何故なら表はレオン編・クレア編ともに攻略本片手に何度もクリアしており、
どこで何が出るのかを全て把握しているからです。
しかし裏編は無理です。
序盤から登場するタイラントが怖くて自分ではPIAIしていません。

バイオ3も最初からアサルトライフルもってるモードなら、
警察署まではいけます。
それ以降は追跡者が登場するのでだめですね。
自分の力だけでは何ともできない(厳しい)相手が
何度も何度も追いかけてくるというのは…
きついものがありますね。
やっぱホラーゲーは無理です。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
混沌のイケニエ
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。