スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.27 もしも王様ゲームだったら

2015.01.19

常日頃から言っていることですが、
私はゲームにおいてテンポの良さを重要視しています。
どんなにアイデアが面白かろうと…、
どんなにシステムが良かろうと…、
テンポが悪ければそれらの良さを台無しにしてしまう!!

逆に言えば多少使い古されたようなネタで構成されたゲームでも、
テンポが良ければ問題にはならないでしょう。
たぶん。

では今回遊んだゲームを紹介します。
VIPRPG紅白2014 No.27 もしも王様ゲームだったら




突然クラス全員に王様ゲームのような命令をメールにて通知され、
服従しなければ死に追いやられてしまうデスゲームに巻き込まれた
一野が何とか生き残るために謎の存在である王様と戦う読むゲです。
漫画版王様ゲームが原作になっており、
キャラクターのほとんどは魔法擬人化に置き換わっています。

内容はほぼ原作をなぞらえた展開です。
私は原作をコンビニで立ち読みしており、
大体の展開は知っていたので、なんとも言えません。
知らなかったら面白かったのでしょうが…。
ツッコミどころがいくつかある内容ですが、
それはイコール原作へのツッコミになりますし、
敢えて語るところではないでしょう。

このゲーム最大の問題点は、
ウェイトを多用しすぎてテンポが悪くなっている点です。
こういう場合、テストプレーモードですっ飛ばしたくなりますが、
\^も同様に多用されているのでそれをすると
読み飛ばしが発生してしまいます。
なのでちゃんと読まなきゃいけないのですが…
これが私には結構苦痛でした。

特に顔グラフィックを表示するためだけに
\|と\^だけの文章の表示を
多用するのは流石にどうかと思いました。
せっかくオープニングでピクチャーをいい感じに使ってるので、
顔グラ表示の演出はピクチャーなりを使えばいいのになと
思わざるをえませんでした。

ウェイトによってキャラクターの心情を表現したりするなど、
読むゲなのでそういった技法も必要ではありますが…、
残念ながら多用しすぎでテンポを損ねてます。
必要十分なだけ使うようにしたいところですね。

あとは…王様ゲームはバトルロワイヤルみたいに
オリジナル展開が作りやすい題材だと思ってるので、
そういう作り方にすると原作を知ってる人でも
物語の内容が気になってくるかもしれませんね。

ちなみに私は王様ゲームを読んだことはあっても
やったことはありません。
誰か王様ゲームやろうぜ!
お前愚民役な!!

参考リンク
VIPRPG紅白2014
もしも王様ゲームだったら
関連記事

tag: VIPRPG  RPGツクール 

Comment

コメントの投稿

:

:

:

:

:

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。