スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人リレー3周目:ストレスフリーな狭いマップ

2015.02.28

一人リレーが走られました。
更新履歴を確認したところ、なんと一ヶ月ぶりの更新です。
いいですね、この更新停滞っぷりもリレー作品の花ってやつですね。

一人リレー(仮) 三走目



ハージマリ村でツクってなかった家の中身を全部ツクりました。
1時間ちょいくらいで6マップツクって、こりゃいいぞと思ったんですが…、
テストプレーと修正を含めて結局2時間ほどかかってしまいました。
よろしくない。

本当ならマップの修正をするつもりはなかったのですが、
実際にテストプレーで歩いてみたときに、
異様にマップが広く感じてしまいました。
ストレスになりますね。



これは最初にツクった酒場のマップですが…、
ごらんのとおり入り口からカウンターまでが異様に長いんですよね。
もともとこんなつもりはなく、すぐにカウンターまでいける想定だったのですが、
おそらく右側のテーブルを配置する過程で
いつのまにか縦幅が広くなっちゃったのでしょう。



なので狭くしました。
こんだけ狭いならまぁ許容範囲でしょう。
ただ、まだ村人イベントを配置していないので、
実際に配置してみると鮨詰めになる可能性も否めませんね。
次走るときにまた調整が必要かもしれませんね。

…と思いましたがハージマリ村のマップサイズの調整はもうしません。
そういうことをして時間を浪費しないようにするためのリレーだろうが!!
最初に考えすぎないこと、後々から手直しで時間をかけすぎないこと、
そういうことをやめようと言っているのです!!
うーん…なかなか難しいもんです。

次は、村人イベントの配置ですかね。
そろそろモンスターも用意したいところではあるんですけども。
戦闘は戦闘でまた別途考えることが多そうですが…、
基本はテンポ良く、楽めのバランスでいきたいですね。
まて次回!
スポンサーサイト

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.37 ザ・スクールジャック

2015.02.26

皆さんは不謹慎ゲーについてどう思いますか?
遊んでて楽しいですか?不愉快ですか?
そう、これは人によってかなり答えが分かれる質問だと思います。

センセーショナルな事件を笑いの種にする不謹慎ゲーは
遊ぶ人を選びますし、仕方のないことかもしれません。
人によっては抱腹絶倒のネタ、人によっては不快感を催すネタ、
同じネタなのに捉える人次第で変わるのが…、
不謹慎ゲーの面白いところですかね。

まだベルファーレ長田を名乗る以前、
まだVIPツクスレの存在を知らなかった時代、
私はラウンジツクスレに入り浸っていましたが、
当時は不謹慎ゲーなどそこまで珍しくないイメージでした。
保管庫をあされば数多くの不謹慎ネタに溢れていたことが分かるかと思います。


あかん。

こんなゲームに慣れ親しんだ身ではありますが・・・、
思えばVIPツクスレに身を寄せてからは、
不謹慎ゲーの類はかなり珍しい存在となったような気がします。
全くなかったわけじゃありませんが、かなり少ない存在だったはずです。
か、体が求め…はしません。

今回遊んだゲームはまさにそんな不謹慎なゲーム!
躊躇いなくバイオレンスで残虐な行為に及ぶ主人公!
胸糞の悪くなるようなシーンの数々!
PTAの目にとまったら大変なことになるようなゲーム!
それがこちら、VIPRPG紅白2014 No.37 ザ・スクールジャック




高校に進学せずに自堕落に暮らしていた青年、亜冨丸 呈朗(あふがん てろう) が
偶然出会った旧友達にバカにされたことで何かのスイッチが入り、
スクールジャックを計画、実行に移すゲームです。
学校内を駆け巡り殺戮を繰り広げながら、
メインターゲットである旧友7人全員の殺害が目的です。

と、学校襲撃を加害者視点で遊ぶゲームです。
既に主人公の名前がヤバいし、目出し帽かぶってるしでヤバイです。
学生を殺害し、剥ぎ取りで素材を確保したり、
アイテムを駆使してバリケードを破壊したり、
大量虐殺を決め込んだりするなど、色々ヤバいです。
この時点でかなり人を選ぶゲームと言えるでしょう。

ただしゲーム性は高いです。
言ってしまうと、面白いです。
簡単には始末できない学生達やメインターゲットをやるためには、
道具や情報を駆使する必要があります。
これが結構色々できて楽しいんですよね。

また時間が経過することにより情勢が変化していきます。
1時間目にはある場所で出会えたキャラに2時間目には出会えない、
あるキャラを殺害するかしないかで時間経過後にまた状況が変わるなど、
襲撃の戦術を考える必要が出てきてこれも結構楽しい。

その他、呈朗の学校襲撃は罪ったーなるサービスで放映されており、
その様子を安全圏から視聴しているクズどもが綴るコメントも
ゲームを彩っていてまた楽しいですね。
呈朗も結構なクズですが。


まだ出会う連中が男子生徒ばかりで、殺害ばかりだけど、
女生徒を強姦したりもするのだろうか…。

5回ほど挑戦していますが、
まだまだメインターゲットを一人も始末できていません。
体育館や部活動の部室周辺しか散策できてないので、
校舎までいけてもいない状態ですが…、
逆に言うとまだまだやれることはたっぷりあるということで、
そういう意味では楽しみですね。

扱う題材が題材なだけに、
イライラして胃がムカムカして吐いちゃう人もいるかもしれませんが、
個人的にはかなり遊べるゲームだと思います。
私もとりあえずメインターゲット全員を始末できるところくらいまでは
遊んでみようかなと思います。

しかし…こういうゲームを遊んで
おもすれーwwwと感じちゃう自分はどういう人間なのかと
少々考えてしまうのもまた事実ではありますね。
とはいえ、それを他人にとやかく言われるつもりはありません。
少なくともこのゲームは面白いと思ってます。
皆さんは如何ですか?

参考リンク
VIPRPG紅白2014
ザ・スクールジャック

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.39 茄子はなすーんに入りますか?

2015.02.24

エロゲー…。
人間の三大欲求の一つである、性欲にうったえかけるゲーム。
ゲームでありながら未成年のPIAIが禁止されている、
特殊なゲームと言えるでしょう。

ツクスレにもよくアレックスとゴメスの濃厚に絡むゲームがうpされますが、
あれはエロではなくギャグの範疇であり、情欲は全くそそられません。
いや人によってはそそられるかもしれませんが…。
エロゲーは情欲を刺激するようなあっはんうっふんなシーンを
しっかりと盛り込んだ作品ですね。

どうでもいいけどエロゲーと抜きゲーは全く違うと力説されたことがあります。
エロゲーはエロが付属しているゲームで、
抜きゲーはゲームが付属しているエロだと。
エロはエロだろ…。

そんなエロゲーをPIAIしました。
私もスーパーツクラーとして紳士なイメージで通しているつもりなんですが、
すみません紅白レビュアーなんで。(笑)
紅白作品はPIAIしないとなりません。(笑)
ビバエロゲー!
さあご紹介していきましょう。
VIPRPG紅白2014 No.39 茄子はなすーんに入りますか?




※画像は一部加工済みです。
  本編はモザイク無しで閲覧可能です。

ナイ軍の事業仕分けの対象となった茄子畑を救うため、
なすーんが100万ゴールドものお金を体で支払うゲームです。
具体的にはエロ行為が許される街で売春します。
エロに関してはなすーんは素人なので、
エロリアに性技の手ほどきをうけることでエロを身に着けます。

ゲーム的には限られた時間内に目標金額を達成するため、
売春時は多くのお金をくれるような相手を選んだり、
またエロリアから性技を教授する際にお金が必要になるので、
どこまで手ほどきをうけるかを考える必要があります。
ちなみに私は初回PIAI時、全性技を解放したせいか、
お金が足りずにバッドエンドに行ってしまいました。

エロ的には…、なすーんがかなりロリ体系なため、
おっぱいが小さいんですよね。
すみません、私はおっぱいが大きい方が好きなんです。
更に言うと、基本的に行為時にはなすーんが全裸になるのですが、
私はエロは着衣の乱れが重要と考えています。
というわけで個人的にはあまり情欲はそそられませんでした。

性的嗜好は人それぞれ。
どんなエロを好むかは人によってかなり異なるので、
こういった感想も仕方ないのでしょうか。
ただし、そんな私でも一部シーンはちょっと興奮しました。
エロはシチュエーションも大事ということですね。
紅白レビュアーとして理性は保ちましたがね。(笑)

そんなわけでロリ好きな諸兄には
このゲームは紅白祭りに舞い降りた天使に見えることでしょう。
エロゲーという特性上、実家にご住まいの方は
背後に気を付けてPIAIしてください。
まあNo.3と違ってエントリーページから超絶エロゲーアピールしてるので、
諸兄はそんなヘマはしないと思いますが…。

どうでもいいけどこのゲームはエロゲーなのか抜きゲーなのか、
どっちに当たるんでしょうか?
その道に詳しい方は400字以内で解説お願いします。
私は本当にどっちでもいいと思うんですが…
あの時力説してくれた人が打ってくれた文字から感じる熱意は本物でしたね。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
茄子はなすーんに入りますか?

tag: VIPRPG  RPGツクール 

シンシア本店機能追加:ツクール種別の自動タグつけ

2015.02.23

前回からの続きです。
ネックとなっていたRPGツクール2000/2003の判別処理ですね。
INIファイルなどの簡単な方法では判別がつきません。
したがってLDBファイルを解析し、
2003特有のコマンドがあるか否かで判別するという方針にしたまでが
前回までのあらすじです。

結論から言うと無事実装できました。
昔ツクったRPGツクールのバイナリファイルの解析処理が
しっかり残ってたので、これを利用してちょちょいのちょいでした。



データベースファイル内で2003特有のコマンドというと、
職業や戦闘アニメ2(サイドビューデフォ戦の主人公の動作)などがありますね。
これらのデータがあるか否かで判別しました。
2000のLDBファイルだと赤枠で囲った部分のデータは無いので読めません。
2003のLDBファイルだと読み進められるので…というわけです。

対応するデータの配列を丸ごと読み進めていくだけなので、
中身の詳細なデータは全く読み取れません。
ツクるのエターなってたからです。
別に今回はそれで困りはしなかったのですが・・・、
こうなるとデータを読み込みたくなりますね。

TkoolBridgeでやってるような
イベントコマンドの書き込み/読み込みができるようになると、
今後ツールをツクるときに色々自由なことができてかなり良いですよね。
めんどくさいの一言で、やってなかったんですが…。
遅まきながらやっておいても損はないかもしれません。

話が脱線しましたが、2000/2003の判別ができるようになりました。
単体テスト、いわゆるテストプレーもばっちりです。



既存の自動保管庫を確認したんですが、
RPGツクール2000/2003の判別はやってないようですね。
きっとこちらと同じでツクるのが面倒だったんでしょうが…、
くくく…これでシンシア本店が機能的に一つ優位にたったわけですよ!
数多くの2003ユーザがこちらのシンシア本店を支持してくれることでしょう。
風・・・なんだろう吹いてきてる確実に、着実に、俺たちのほうに!

とは言ってもまだまだ残件はあります。
コード上からのタグつけはできてるので、次はWEBからのタグつけですね。
現状はWEBからのパラメータ入力等は全くもって想定してないので、
まずこれをどうするか、からスタートですね。

来週またシンシア本店に関する更新を行おうと思います。
その際に状況をご説明できればいいな。
是非それまでにお友達の2003ユーザの皆さんを
お誘い合わせの上ご歓談ください。
えっ、そんな奴いない?
2003ばかにしてんじゃねーぞ!!!!!!11


参考リンク:
RPGツクール2000/2003/XP 解析データまとめページ

tag: VIPRPG  RPGツクール 

近況報告:地獄の社畜生活を超えて…!

2015.02.23

今週も大変だった…。
休日出勤、会社宿泊、終電残業、色々ありましたが私は元気です。
しかしそんな努力が実ったか実ってないか、
何とか仕事のゴールが見えてきた感じです。
終わりの見えないマラソンバトルは嫌いですが、
先が見えてくると気分が楽になってきますね。

さあ金曜はほぼ定時であがり、土曜日はLOLもほどほどに
ゆったりと時間をツクり、さぞかしtktkに励めたかと思いきや…、
励めませんでした。
これではまるでエターナラーみたいじゃないか!
なんという不名誉!!
何故なのか?

導き出された答えの一つとして、
「何をすればいいか全然分からない」ということでした。
そりゃまあ…現状何がどれだけ残ってて、どう片付ければ終わるかが、
久々のtktkということもあって全くイメージついていませんでした。
何から手をつければいいのかも分からず、
結局何も手をつけずに土曜日を自堕落に過ごす…。
これはいけませんね。

というわけで対策を一つ練りました。
会社では仕事するとき、Redmineというプロジェクト管理ツールを使って
一日、一週間の作業管理を行っています。
自宅でも似たようなものを使おうと思いつきました。
別にRedmineを入れてもよく、実際昔入れてましたが…
めんどくさいのでもっと導入が簡単なのがいい!
というわけでTodoistというタスク管理ツールをインストールしました。



その日、その週のやること(TODO)を書き出し、
期日を決めて実行していく…というツールです。
他デバイスとタスクを共有することもできるそうです。

昔の俺だったら「なんだこんなもん、書き出すだけ無駄だろwww」と
一笑に付してるかもしれませんね。
「こんなの書く暇あったらtktkしろよwww」とも言うかもしれません。
ただ、こうやってタスクを細かく分解することで、
具体的にどんな作業が残ってるのか分かりやすくなります。

また、ゲームのtktkというのは長距離マラソンに等しく、
何も考えずによると先が見えず息も絶え絶えになりますが…、
こうやってタスクを書き出すと、
気づけば短距離走の連続という形になって、
少しばかり気が楽になると思います。
ここまでツクったよ!とも言いやすくなりますしね。



これは一人リレーのタスクです。
ハージマリ村をツクるという作業を、マップの作成とイベントの作成にわけ、
さらに6つのマップ作成、各情報を喋る村人イベントの作成にわけ、…
という形にしています。
これら全部が終われば、すなわちハージマリ村の完成というわけですね。

一人リレーはこんなことせずに何も考えずに
ツクるというコンセプトだったんですが…、
これは最低限しないといけないなと思いました。
「どんなのを作る」というのは何も考えずに書き出して、
「そのために何をする」っていうのはしっかり書き出して
一つずつ仕留めていく、そういう方針にします。

VIPツクールスレゲームの保管庫の掲示板で、
「★明日やること★」みたいな感じでタスクを書き出していました。
あれが凄い大事なことだったんだなって再確認させられましたね。
当時は何も考えてないようで、本能的に作業の進め方を考えてたんですね。
見習おうと思います。

そうそう、ブログの更新についてもタスク化してますよ。
最近仕事が忙しくてかなり停滞していましたが、
また一日一記事を復活させたいところですね。



ま、予定は未定という言葉もありますがね…。

参考リンク
todoist

tag: 日記 

紅白2014作品PIAI No.36 混沌のイケニエ

2015.02.11

私はホラーゲームが苦手です。
嫌いじゃないです、苦手です。
ツクールでは数多くのホラーゲーがツクられて…
あっこれもういいですか。
はい。

前回遊んだ2014紅白 No.14はひいこら言いながらも…、
なんとかクリアできました。
これはやはり最後のキャラであるニンニンが、
敵に対して攻撃できる、ということができたからでしょう。
プレイヤーに対して襲い掛かる恐怖の存在に対して対抗手段があるというのは…、
なおかつ倒れてくれるってところがひとえに良いですね。
これがあるとないとでは安心度が全然違います。

そう今回遊んだのは…、
少なくともそういった対抗手段は皆無で…、
ただただ恐怖の存在から逃げるしかない…。
ただただ恐怖の存在を受け入れるしかない恐ろしいゲーム…。
VIPRPG紅白2014 No.36 混沌のイケニエ




ツクスレでお馴染みのやみっちとらいちが、
目が覚めたら何故か閉じ込められてた謎の屋敷から逃げ出すゲームです。
探索を続けていると心臓の鼓動音が高鳴り…、
恐怖の存在が壁を抜けながら追いかけてきます。
前述した通りこいつを倒したりする方法はなく、
出会ったらとにかく逃げ切るしかありません。

恐怖の存在につかまると、精神を病んでしまい、
完全に発狂した状態で捕まるとゲームオーバーです。
体力も設定されており、どうやら出血などが発生するようですが…
残念ながらそこまで行き着く前にPIAIをエターなってしまいました。
だって怖いんだもん…。

そもそもホラーゲーが苦手なベルベルが、
このゲームの何が怖いのかをまとめてみました。

1.暗い
そう、このゲーム視界が不明瞭なんです。
もともと屋敷の中が暗く、懐中電灯をつかって辛うじて視界を保ててる状態。
そんな中で探索や逃走をしなければならないのです。
屋敷ならシャンデリラくらい用意しとけよ…。

2.広い
屋敷内部でエリアが分かれており、エリア内を探索して鍵などを集め、
次のエリアに進んでいくというスタイルなのですが…、この1エリアが結構広い!
廊下がどこまでつながってて、どこにいけばいいのかが分かりにくいのです。
それを暗闇の中探索しなければならないのです。
どこまで行けば終わるのか、不安までもが広がっていきます。
こんな広いなら地図くらい完備しとけよ…。

3.追われる
前述した通り、撃退不能の恐怖の存在が壁抜けしながら追ってきます。
倒せないのはともかく、壁抜けしてくるってなんですか…。
しかもただ別のフロアに逃げてもまだ追ってきます。
心臓の鼓動音がなくなるまで、逃げ切る必要があるのです。
視界外に逃げられたら追うのやめろよ…。不公平だぞ…。

4.無くなる
視界を確保する懐中電灯、楽しい音楽を流して
やみっち達及びプレイヤーの精神を回復してくれるウォークマンなどの
便利アイテムがあるのですが…これ使い続けると電池切れを起こすんです。
消耗品のバッテリーを使って再び使えるようになるんですが、
切れた瞬間光や音が消えること、いずれ訪れるバッテリー全滅のことを考えると…、
これはかなり怖いですね。
屋敷なら電池くらい大量に保存しとけよ…。

少なくともこれらの要素があるということです。
前情報でびっくり要素は少ないと聞いていましたが…、
ホラーゲーが苦手なプレイヤーは些細なことでびっくりするものです。
懐中電灯が切れた瞬間や、恐怖の存在が現れた瞬間は
体がビクっと震え上がりますね。

そんなわけで途中でPIAIを断念してしまいました。
スーパーツクラーの俺にもできないことくらい…ある…!
やっぱホラーゲーは苦手です。
他の人がPIAIしてるのを見るのは大丈夫なんだけどな…。
傍目から見るのと自分の手で動かすのは違いますからね。

個人的にこのゲームの恐怖度は3.5ってところですかね。
これにびっくり要素やスプラッタ要素などが含まれてくると、
夢のベルベルホラーミシュラン5つ星を獲得できます。
出血とかいう概念があるようなので、ゲームを進めると
スプラッタ要素も出てくるかもしれませんが。

ちなみに私が唯一恐怖を感じずにPIAIできるゲームは
バイオハザード2のみです。それも表だけ。
何故なら表はレオン編・クレア編ともに攻略本片手に何度もクリアしており、
どこで何が出るのかを全て把握しているからです。
しかし裏編は無理です。
序盤から登場するタイラントが怖くて自分ではPIAIしていません。

バイオ3も最初からアサルトライフルもってるモードなら、
警察署まではいけます。
それ以降は追跡者が登場するのでだめですね。
自分の力だけでは何ともできない(厳しい)相手が
何度も何度も追いかけてくるというのは…
きついものがありますね。
やっぱホラーゲーは無理です。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
混沌のイケニエ

tag: VIPRPG  RPGツクール 

近況報告:恐怖!社会の歯車と化したスーパーツクラー!!

2015.02.08

今週は大変だった…。
月~木はとにかく作業作業残業残業で休む暇なし。
金は一日仕事したあと、土曜日に出張作業があるので青森へ空路で移動。
そのまま土曜日仕事して夜に家に戻り…、
本日日曜も仕事をしてきました。
明日からも仕事です。

いかん…とても自分の時間をゆったり満喫するなどとは考えられない。
かといって家に帰って寝るだけの生活はあまりにも彩がない。
なんとしてでも自由時間を確保しなければならない。
そういう状態になってます。

そこで自由時間を確保する策として、
軽くて薄くて持ち運びがしやすいタブレットPCを購入しました。
Wifiに繋げばどこでもネットに接続でき、
またWindows8.1 OSなのでツクールや関連ツールも動作します。
別売りキーボードも購入してツクールゲーもできるわけです。
動作的には問題ないと思ってます。

これで仕事に疲れ、いすに座るのもおっくうで
とてもtktkする元気がなくても…、
布団に入って寝ながら作業することができます!



と、言ってもそれはうつぶせになったときの話で、
仰向けや横向きは少しコツがいるはず。
個人的には仰向けに寝たほうがリラックスできるので、
なんとか良い形でtktkできるようにしたいですね。
高い枕を用意して頭が高くなるようにすればいいかな?



非常にグータラな構図ではありますが…、
社会の歯車と化したベルベルは体を休めることももはや仕事。
しかしながらツクラーとして何かをしなければならないのもまた事実。
体を休める。tktkもする。
両方やらなくちゃならないのが、スーパーツクラーの辛いところだな。
覚悟はいいか?
俺はもうしたくない。
休みてえ…休みてえよ…。

tag: 日記  考察  効率 

紅白2014作品PIAI No.34 影かたり

2015.02.02

ツクスレではお馴染みのもしもシリーズの世界。
説明するまでもないことだとは思いますが、
「もしもアレックスが最強だったら」というゲームを原作に…、
あっこれもういいですか。
はい。

今回紹介するのもそんなもしもシリーズから派生したお話です。
本家もしもシリーズの世界とはまた違う別の世界…、
ちょっと違う世界が舞台になっています。
もしもシリーズといえば敵も味方もみんなゆるい世界観ですが…、
今回は敵の魔王軍なども殺意をもって仕掛けてきます。
いわゆるパラレルワールドの世界といってもいいでしょう。
こういう形のもしもシリーズ派生も数多いですよね。

さて、他に気になるのはどんなキャラが出演するのか…、
膨大なもしも世界の全キャラを出すというわけにもいかないでしょうからね。
今回のメインキャラはセイントⅡなる魔法擬人化キャラですね。
ご紹介しましょう、
VIPRPG紅白2014 No.34 影かたり




神聖魔法の擬人化であり、正義の味方を自負するセイントⅡが、
助けを求める声に導かれていくと…、
自分の住む世界とは少し違う世界で目を覚ますところからスタートします。
その後紆余曲折あって恍惚なる闇、ファルコン、ヒールⅢの三者もまた
同じ世界に飛ばされ、セイントⅡとともに脱出を図ることになります。
なんか珍しい組み合わせだな…。

物語は5章構成で、各章毎に敵対する勢力が異なります。
前回の紅白レビューと同じ説明ですが、そうなんだから仕方がない。
彼女らの目的は基本的には元の世界に戻ることですが、
今いる世界の混乱を救うことも目的となります。
また最序盤でセイントⅡは、自身の正義が薄い信念だと指摘され、
そのことで思い悩むところも出てくるので、
セイントⅡの正義を追っていくのも目的の一つですかね。

自作戦闘を搭載しています。
基本的に1話ごとに1回、戦闘が発生します。
パーティ編成や装備変更などの概念はなく、
決められたメンバー、装備、アイテムで全力で戦うことになります。
仮に負けても戦闘直前からやりなおせることが多いため、
初戦は相手の出方を見て…という戦術もとれます。
前回の紅白レビューと同じ説明ですが、そうなんだから仕方がない。

戦闘は基本的にセイントⅡが攻撃を行い、
恍惚、ファルコン、ヒールはそのサポートを行う…という形です。
マリオストーリーの仲間キャラみたいな位置づけと考えてよいです。
敵の全体攻撃を受けると、次ターン行動不可になるあたりもそうですね。
戦闘のインターフェースには少し慣れが必要ですが、
そんな難しくはないのでまあ大丈夫でしょう。

戦闘難易度は基本的に中の上くらいですね。
前回の紅白レビューと同じ説明ですが、そうなんだから仕方がない。
敵の攻撃は基本的にルーチンパターンなので、
相手の攻撃さえ読みきることが出来れば
そのターン最も有効な行動を選択していくことで
苦労せず汗をかかずに勝利することも可能でしょう。
パズル的な側面があるように思えますね。

戦闘も時間はかからず、話もサクサク進んでいくため、
総合的なPIAI時間は短いものとなるでしょう。
間違いなく短編作品ですね。

ちなみに…戦闘はどんどんインフレ化していきます。
最初のほうはセイントⅢのHPは100とか200くらいだったのが、
最後の方は3000くらいにハネあがってました。
この短い間にここまで上がるとは…。
数々の死闘を経て、セイントⅡの戦闘力もうなぎのぼりとなったのでしょう。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
影かたり

tag: VIPRPG  RPGツクール 

一人リレー2周目:意外と難しい一時間以内のtktk

2015.02.01

一人リレーが走られました。
といっても走ったのは私ベルファーレ長田ではありません。
コンサドーレ三鷹さんという人です。
マメな人で、趣味はサッカーだそうです。

コンサドーレ氏が私が走ったときの残件を一部片付けてくれました。
またハージマル村のお店マップの追加などもやってくれています。
その他新しい仲間キャラや、アイテムの追加を少しやってくれてますね。

一人リレー(仮) 二走目



以下はコンサドーレ氏から聞いた話なんですが…、
ルール上は「一日に走れる時間は一時間まで」とありますが、
今回はうっかり一時間半くらい走ってしまったとのこと。
要するに締め切りを破ってしまったんですね。
これはいけません、今回の企画が何を目的を見失っています。
早くツクる!すぐツクる!この気持ちを取り戻すことが目的なのです。

それでもまあ…色々追加したかったり、丁寧に仕上げたい気持ちもわかります。
まぁそれはそれで良いことです!
素早く仕事できるけど成果物が雑な人よりも、
仕事は遅いけど成果物がきっちりできている人の方が評価される世の中です!
本当に大事なのはスピードじゃありません!!
今後もより高いクオリティで走ってくれることを期待していますよ!!!



まあ今後は一時間で走れるように頑張りましょう。
何もこのゲームだけをtktkすれば良いというわけじゃないのです。
他の作品だってtktkしなきゃならない…そのための一時間の時間制限。
最近あまりそれらのtktkできてなかったわけですが、
流石にやらなきゃマズいですね。

とくに現在鋭意制作中の「一夜限りの海賊団」はGW向けの作品。
いくらまだ余裕があるといっても、このまま3月4月に入ればエターなるのは必至!
今のうちに片付けるべきでしょう。
そんな感じでこのゲームにかけられる時間は最大でも一日一時間まで!
これは厳守として次の走者さんはよろしくお願いしますね。
まて次回!

tag: VIPRPG  RPGツクール 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。