スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.3 バーストⅡと一緒(未完成版)

2014.12.31

ツクラーのみなさん、今年もお疲れ様でした。
エターナラーのみなさん、何がとは言いませんが今年限りにしましょう。

今年の私の抱負は「完遂」です。
ミッションコンプリートを抱負とするわけです。
これまで多くのことを完遂できずに散らしていきました。
そんな自分とはもうさよなら!
今年はやると決めたことはやってやりますよ!!
うーん来年はどうしようかな~~。
今年は頑張ると思うから、来年の抱負は「楽」でいいや。

さて、本日もちゃっちゃと感想を書いていきましょう。
2014紅白VIPRPGNo.3 バーストⅡと一緒(未完成版)



クリスマスに巨乳魔法、
もとい爆発魔法の擬人化バーストを不純な目的で召喚してから
一年後のクリスマスを迎えたという話です。
プレイ時間も短く、ちゃちゃっとやるぶんには丁度いいです。
話の内容は、普通のよくある恋愛短編の1つって感じですかね。
普通です。

ただしこのゲームに一つ異常なところがありました。
エロゲだったということです。
よくみたらエントリーページにもろ「エロゲ」と書かれていましたが、
気にせず実家で母親が隣でFF11をしている状態でやっちゃいました。
全画面プレイでやってたら即死だった…。

別の意味で「ふぅ…」してしまいましたが、
絵はかわいいので良いんじゃないですかね。
俺はおっぱいが大きいのは好きなので良いと思います。

ちなみに俺が主人公と同じ状況だったら、どの魔法を召喚するか…、
アイスさんですかね。
寒いけど暖かく過ごせそうです。
アイスさんを愛すwwwwwwwwwwwwwwwwwww

wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

参考リンク
VIPRPG紅白2014
バーストⅡと一緒(未完成版)
スポンサーサイト

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.1 七色のツクスレ動画 No.2 新約ん聖剣伝説

2014.12.31

現在実家に帰省中のスーパーツクラーです。
ただ1つ大きなミスを犯してしまい、
ツクールエディタをUSBに入れて、実家でもtktkする予定だったのですが、
RPGツクール2009(tktk補助ツール)を入れてたまではよいものの、
肝心の2000VALUEを入れていないというミスのおかげで
実家では一切tktkができそうにありません。
体験版を一時的に使うっていう手を考え中ではありますが。

まあというわけで、実家では紅白作品のPIAIをしようと思います。
PIAIすればブログ更新もできますし、一石二鳥です。
というわけでガンガンPIAIの感想を書いていきましょう。

まずはこちら、No.1 七色のツクスレ動画



いわゆるコテネタの音合わせ見るゲーですね。
賛否両論あるダーティなネタも多いので、
面白いかどうかは人を選びます。
知ってるネタが多ければ多い程楽しいんでしょうが、
私はゲラゲラ笑うってほどじゃなかったですね。
内輪ネタはやっぱり前提知識がいりますね。
個人的には私の扱いが特にネタをネタにするわけでもなく
さらっと流された感があるのが不満です。



続いてNo.2 新約ん聖剣伝説



中二病感がプンプンするほぼ見るゲーです。
主人公の傭兵しんやの生きざまを追体験していきます。
ツッコミどころは満載です。
あの伝説の名作、メイジの悲劇嘆を彷彿とさせます。
どこまでマジにツクってんのかも気になりますが、
周りの反応はわりとまともなので大丈夫でしょう。

特筆するべきはやはり主人公しんやの思想や行動ですね。
そう、彼の思想はちょっとヤバイです。



まだわかる。



まぁ…分からない事も無い。
子供が嫌いなやつもいるだろう。



うーん…。

結論:しんやはホモ。


しばらくこんな感じでちょくちょく更新していきます。
特に気に入ったのがあればより深く書くつもりです。

参考リンク:
VIPRPG紅白2014
七色のツクスレ動画
新約ん聖剣伝説

tag: VIPRPG  RPGツクール 

妄想伝説キャラ設定:ミリィ

2014.12.25

メリークリスマス。
みなさんVIPRPG紅白2014へ向けてのゲームtktkはいかがでしたか?
提出した皆さんはお疲れ様でした。
提出してない皆さんはがんばってtktkしてください。
大丈夫!遅刻しても出さないよりはマシです!
よりクオリティの高い作品を提出してくれることを期待してますよ!!




さて今回紹介する妄想伝説SaGaのキャラクターはミリィです。



私がツクスレ一年目のころにオリキャラとして描いたキャラが、
その日のうちに有志によってキャラグラ化されて以降使ってるキャラです。
俺がよく使ってる素材は、
顔グラがウホッ氏作、キャラグラがてのやま氏作のものです。
永遠塔士SaGaにもパーティキャラとして参加させたほか、
銃撃ミリィシリーズというガンシューティングゲームで主人公を務めました。
現在tktk中のゲームにも主人公として登場します。



妄想伝説SaGaでは5人いる主人公の1人として登場し、
旅立った父親のゴメスの後を追いながら、
世界に77個あるという秘宝を集めていく・・・、
まさに元ネタの秘宝伝説のストーリーをベースに物語が進みます。
彼女のストーリーをツクりながら妄想伝説をツクっていったので、
一番tktkが進んでるシナリオの主人公ともいえますね。

スタート地点は辺境世界。
小さな村が点々とし、神殿やピラミッド、
遺跡などの施設やダンジョンが多い世界です。
元々はSaGa2の最初の世界みたいな感じだったんですが、
それだと他の主人公で来たときに楽しくなさそうだったので、
後からどんどんと特徴がついていきました。
後付設定は大好物です。



富芝さんと同じく、種族は人間。
ただし敏捷が特に伸びやすく、逆にHPと力が上がりにくい感じです。

必殺技は敵全体にランダムダメージを与える艦砲射撃です。
実は妄想伝説SaGa tktkの最初期にツクったキャラにも関わらず、
必殺技の内容をつい最近まで決めかねてました。
一撃で敵を倒すヘッドショットとか…、
津波で敵全体を攻撃するタイダルウェイブとか…、
色々遭ったんですがこれに落ち着きました。
もしかしたらまた変わるかもしれませんが。

特殊能力は、射撃攻撃が100%当たる百発百中です。
どんなに攻撃が当たりにくい敵キャラ相手にも銃や弓なら確実に当たる能力です。
こういう地味で強い能力が好きです。
まぁ主人公だしね!

比較的常識人で、流されやすい性格で、銃が好き。
俺の中ではそんなキャラになりました。
付き合いだけなら富芝さんよりも長いキャラですね。
これからも使っていくと思います。

次の紹介はレイチェルです。


●おまけ1

なお、前回サガラウンジアの紹介で仲間になると話しましたが、
最新パッチあてたら仲間になりました。



銃に特化した特殊な能力をもっています。
同じ能力をもつほかのキャラはとっつきづらい印象があったのですが、
その中にあってわりと使いやすいのかなと思ってます。
みんなも仲間にして冒険しましょう!


●おまけ2

7年くらいの歴史がある一台プロジェクト妄想伝説SaGa。
特にミリィが主人公のシナリオは最初期からずっとツクりこんでいったもので、
最終的にボツになってしまったイベントも目白押しです。

例えば、辺境世界の施設モテナイ神殿でのイベント。
モテナイ神殿はSaGa2で言うところのカイの神殿です。
そこでカイにあたる仲間キャラが序盤のイベントで絡んできます。



今のカイ役はおぜう。
某ゲームのシリーズで主役を張ってる彼女です。
そのうち紹介する予定ですが、
このゲームでは妖魔にとても強い火力特化型のキャラクターです。

そう、今のカイ役は彼女です。
しかし昔は…。





阿部さんでした。
最初期に追加したキャラなんですが、
やっぱり版権物はやめようという一大決心を理由に
ボツになったキャラです。
以下、阿部さんの体内に侵入した敵を倒しにいくイベントシーン。















肛門から侵入する系女子。

参考サイト:ニコニコ大百科 突撃☆ミリィ

妄想伝説キャラ設定:富芝さん

2014.12.19

連日連夜の残業疲れでブログを書く気力もネタもない…。
とくにネタがない!!
tktkしてれば書けるネタが生まれるってもんだが、
ブログを書けてないってことは…そういうことだよ言わせんな恥ずかしい。

しかしせっかくブログを再開したので
こんな形で停滞するのももったいない話。
というわけで7年近く熟成した巨大プロジェクトである
妄想伝説SaGaの設定語りでもしましょう。
これに関してならいくらでもネタあるぞ。

というわけで主人公の設定から。
妄想伝説SaGaの主人公は5人のうち1人を選択可能で、
それぞれストーリーが異なります。
そのうちの一人、富芝さんです。



私が過去にツクった永遠塔士SaGaやコンビニひとりというゲームで
主役になったキャラです。本名はフェルナンデス大柴です。
みんな大好き2ちゃんねるの管理人であるひろゆき氏から、
ある人物から訴訟を受けてしまい2ちゃんねる閉鎖の危機にあるので
裁判で勝ってほしいという趣旨の依頼を受けます。


※画像は仮のものです。

2ちゃんねるはバイブルと豪語すると富芝さん、
裁判で勝つために訴訟を起こした謎の人物を探しだし、
裁判で勝つために証拠品を集め、
裁判で勝つために根回しをする物語が幕を開ける…!
という感じでスタートします。

スタート地点は都市世界、
ビルが立ち並びハイウェイが街を貫きつつも和風なイメージの世界です。
街には図書館や大学などの施設があり、情報や仲間を集めることができます。
また地下に広がる下水道や犯罪者を収容した監獄、
無法者が集うスラム街などのダンジョンもあります。



都市世界に住居を構える彼女を早々に仲間に出来るのも好きです。
理茶かわいい。



富芝さんの能力は何でも平均的に伸びる勇者タイプです。
種族は人間で、防御以外のパラメータが戦闘を重ねることでレベルアップします。

彼の専用技、「異議申し立て」はターン開始時に敵全員にスタンさせます。
スタンするとそのターン行動ができなくなるので強力ですね。
他のキャラもそうですが、専用技は使用回数が少ないので
うまいこと運用していくことが求められます。

もう一つ、キャラ特性として「大胆不敵な弁護」がついてます。
精神的同様に屈しないということで、
精神的な状態異常には一切かからないという能力です。
これも聞いた感じかなり強そうですね。
なお精神的状態異常とは、例えば大声でビビらせてスタンさせるとか、
例えば恐怖で能力値が下がるとか、そういうものを指します。
逆に毒や、足払いでスタンさせるとかは肉体的状態異常です。

主人公としての彼のストーリーはぜーんぜんツクってないんですが、
わりと自由度の高いストーリーになりそうです。
暴言の舞台となるマップなどをある程度作りこんでから
ストーリーの作成に着手したいキャラですね。

ちなみにこのキャラ、安価で作ったksgで初登場したキャラですが
自分でも持ちキャラにするとは思いませんでした。
顔蔵までツクってくれて感謝の極みです。

次の紹介はミリィです。

想像を絶するレベルでツクれない

2014.12.14

平日は残業で忙しいから…
休日ならツクれるだろう!

甘かった。

何もしないということの甘美さ…、
何もしないということの幸福感…、
何もしないということの優しさに屈服しました。

何かをするということの気だるさ…、
何かをするということの疲労感…、
何かをするということの厳しさに負けました。



ちょっとは進んでますが殆ど進んでません。
自分でもびっくりです。
時間があれば出来るなんてのは嘘ですね。

思えば今年の6月~9月もわりと仕事が忙しかったのですが、
その時は休日に作業をしようとは思わないくらいに怠惰でした。
何かをしようと思いたくなかった!
思った以上に仕事の疲れってのはくるもんですね。

しかしこれは所詮言い訳。
吐き気がします。
なんとかしましょう。

迫る締切、伸びない進捗、この二つの符号が示すものは…!?

2014.12.12

仕事が忙しくて今週は残業マックスでした。
tktkの進捗は全然進んでません。
プロジェクト開いたらいつの間にか寝てることが多いです。
目覚めたらWindowsUpdateでPCが落ちてた日もありました。
疲れてるときはtktkも何もあったもんじゃないですね。

今構想している、ミリィが漂流して島で冒険するというストーリーだと、
絶対に間に合いません。
というわけで全く違うストーリーにしなければなりません。
それも間に合うだけのこじんまりした内容に!

言ってしまえばストーリーは三日で完成するレべルのものが望ましいですね。
殆どは戦闘システムにつぎ込みたいですね。
その戦闘システムも縮小しないとなりません。
基本システムはともかくとして、モンスター、キャラクター、アイテムや技は
とにかく少なめにしないとだめでしょうね。
まぁストーリーが小さければ使うデータも小さくて済むということです。

そしてなによりスケジュールに余裕を持たせたいです。
思えば毎年余裕のないスケジュールを組んでエターなってる気がします。
実務でもそうですがバッファのないスケジュールなんて
上司に組まれた日にはもう会社辞めたくなりますよね。
そういうことです、余裕のないtktkスケジュールじゃ
エターなっても仕方ないというわけです。
エターナラーの皆さんは全くtktkしない日が何日もあるような
超余裕たっぷりのスケジュールでもエターなってしまうのでしょうが…。

とりあえず今日は残業のストレスをLOLで解消してから
tktkに励みたいと思います。
紅白の締切まであと幾ばくも無いのにLOLをする…
これくらいの度量がスーパーツクラーには求められるのです。
決して現実逃避ではありません。



ちなみに戦闘システムは技の選択、ターゲットの選択ができたくらいですね。
どのゲームでもあるような基本的なシステムの構築が
まだ全部終わってないような状態ではありますが…。
土日でなんとか遊べる状態にしたいですね。
明日も仕事なんですが。

日曜日に紅白にSS出そうと思います。
これは予定でも妄想でもなく、宣言です!

tktk効率研究会!議題その1:残業からのtktk

2014.12.09

10年前は学生で、良い大学に入るためセンター試験に向けて
勉強しなければならない身であるにも関わらず、
ツクールにうつつを抜かして受験失敗の道を歩んでしまった私ですが、
今では立派な社会人…。
PG・SEとして開発メンバーや顧客とコミュニケーションをとりながら
時には厳しく時には楽しく充実した日々を過ごしている毎日…。
将来大成して自伝をツクる際には、まずこれを主張したいと思ってます。
「世の中、なんとでもなる。」

そういうことを言いたいわけじゃないんです。
んなことはどうでもいいんです。
問題なのは、その充実した日々を過ごす中で
どうしても避けては通れぬ問題、
「残業」というテーマについて今回は語ろうと思います。

ニートでありエターナラーである皆さんには関係のないお話ではありますが、
残業をするってことはその分自宅での時間が失われるということ、
つまり我々ツクラーが最も充実する時間、tktk時間が牛なわれるということです。
これはいけません、tktk時間を失うということは
本来ツクれるはずだったものがツクれなくなるということ。
すなわち紅白に遅刻しても仕方ないということになります!
残業さえなければ…あぁ~残業さえなければ提出できたのになぁ~。あ~。

そんな社会人でありツクラーである我々にとっては
どうしても避けては通れぬ道、
残業とのうまい付き合い方を模索しようと思います。
さぁ、一体どうすれば残業をこなしつつtktk時間を捻出できるか…、
みなさんもちょっと考えてみてください!
どんなエターナラーでも構想くらいは練れるはずです。
考えるだけならいくらでも考えられるってことです。

というわけで私も考えてみました。以下に記述いたします。


案1:残業しない
まさにこれがコロンブスの卵ってやつですね。
残業との付き合い方を考えるのに残業をしないとは!

そもそも残業とは仕事が遅れてるからするものであって、
仕事をキチっとこなしている優秀な人間は
残業などする必要はありません!
残業が無ければtktk時間もたっぷり出てくる、
つまり紅白にも提出できるというわけです!
上司からの評価もツクスレからの評価もうなぎのぼり!
これぞまさにwin-winの関係ってやつですね。

しかし世の中そううまくはいきません。
上司は優秀な人間にはどんどん仕事を積んでいくのです。
いくら優秀でも無尽蔵にスタックされるタスクにはどうしようもありません。
そう、今の私がこんな状態なのです。
ふぅ、優秀すぎるのも考え物ですね…。
おっとエターナラーのニートには関係のない話でしたね。


案2:寝る間を惜しむ
残業してしまった以上は仕方がない、
別の何かを犠牲にして時間を捻出するしかないわけです。
さぁ何を犠牲にしようか…。
LOLやニコニコする自由時間を犠牲にするか?
いやそれはやだ…俺だって…tktk以外の遊びも…したいし…。

ここでつい考えてしまうのが、睡眠時間の削減です。
そりゃそうです、寝てる時間っていわゆる何もしてない時間です。
もったいないじゃあないですか!!
睡眠時間が8時間なら、一日は24時間ですが実稼働時間は16時間。
これが20時間になったら…とても素晴らしいですよね。
そのため私は常日頃から徹夜してtktkしようとしたり、
睡眠時間を4時間とか3時間に抑える練習をしたりしています。

でも結局睡眠っていうのは人間の三大欲求をつかさどるだけあって、
凄く強大です。自らの意思にかかわらず、体が眠りを誘います。
練習によって睡眠時間を減らすことはまぁ可能なんでしょうが、
長いスパンで付き合わなければなりません。
紅白開催直前の、今時間がほしい状況で睡眠時間をガっと削っても、
近日中にしっぺ返しがきます。
一日徹夜した週の休日に丸一日寝て過ごしてしまうこともざらです。

大体睡眠しないってことは脳の休息がとれず、
細胞やらの回復もしないということ。
要するに寿命が縮まります。寝ないという選択肢はありえません。
長生きしたいのなら、徹夜なんかやめましょう。
やるなら早寝早起き!
早寝早起きはいいぞ。


案3:全力で集中する
ボクサーは試合中相手から
飛んでくる拳が止まって見えるそうです。
これは類まれなる動体視力と訓練の賜物でしょうが、
それともう一つ、極限状態の集中力があるからこそではないでしょうか。
そう、人は集中して仕事に取り組めば
それだけ早く仕事をこなすことができます。

我々ツクラーもtktk中は全力でツクールエディタに向きあえば、
思った以上の実力が出せるのではないでしょうか?
音楽聴きながら~くらいはいいと思いますが、
ニコニコみながら、ツイッターしながら、ではいけません。
可能であればネットを遮断してtktkする、
そういう気概があってもいいのではないでしょうか!?

本当に本当に集中してtktkに取り組めば、
周りの時間が止まってるような気がするにも関わらず、
目の前のゲームはどんどん完成に近づいていく、
そんな経験…したいですね。
ちなみにエターナラーはtktk中自分の手が止まってるそうです。
散漫な注意力の賜物でしょうね。

さてこれまでは括りの大きい案、以下は細かい案になります。


案4:ノートパソコンを持ち歩いてどこでもtktkする
電車の中や会社の中でtktkすることで時間を捻出する…。
移動時間や休み時間の有効に活用できる良い一手ですね。
ただし周りの人からtktkの様子を見られる可能性大です。
もしあなたがツクってるのが中二病臭いRPGだったら…。
もしあなたがツクってるのがエロゲだったら…。
周りの人はどんな顔をするんでしょうね…。


案5:tktkを他の人に委託する
自分がtktkできないなら、他の人にtktkさせればいいじゃない!
自分のツクりたいものをレシピ化し、
信じられるツクラーに全てを託す、うーん案外悪くないやり方です。
エターナラーも大絶賛の方法です。

しかしこれには信じられるツクラーがいて、
なおかつそのツクラーとコネがあって、
なおかつそのツクラーが乗り気で、
なおかつそのツクラーがツクれるだけのレシピをちゃんと用意できている、
これらのことが最低限求められるでしょう。
いわば自分以外の何者かと一緒に作業するわけですから、
そこにかかるコストっていうのは馬鹿にはできませんね。
失敗したらその人にも迷惑というものです。
エターナラーの皆さん、悪いことは言わない。
自分でツクれ。


案6:こんなくだらないブログ書いてないでとっととtktkする
はい。

2014紅白伝説第四話:ツクレナーイ勢の地獄のキャラチップ作成!

2014.12.07

色彩感覚の無い者にとって、
ドット絵をぽちぽち打つのがどれだけの苦行か…
持たざる者の気持ちなど貴様等には分かるまいッ!!!

とはいってもツクール歴10年のベテランツクラーベルベルは、
参考画像があればキャラチップの改変くらいはできるってもんです。
というわけでロマサガ3のユリアンのキャラチップを参考に、
紅白作品の主人公ミリィの戦闘キャラチップを作成しました。



実際にはピクチャー表示するので、
キャラチップとしての出番はないのかもしれません。
しかしダッシュグラフィックは別ゲーでも使えるものなので、
有効活用していきたいですね。

あとはモンスターの戦闘グラフィックも必要です。
今回はサイドビューですが、敵キャラもキャラチップ規格で作成します。
それなりにアニメさせたいので、各種動作を討つ必要があります。



これが結構しんどい!
一部アニメはツクスレに公開されてる素材を利用していますが、
それでも一匹あたりにかかる時間がそれなりなので、
できる限り色違いとかを使用してモンスター数を水増ししたいですね。
でないとやってられません。

まぁそんな色変えモンスターなどを含めて合計30匹程度しか出演しない予定なので、
実際のキャラチップはそんなに多くないのが救いです。
場合によってはもっと少なくすることもできますし。
どこまでツクりこめますかね。



とりあえずこれから実際の戦闘部分をツクりこみます。
オープニング~チュートリアル~最初の街あたりの流れは
現状用意した素材群だけで十分ツクれるはずです。
というわけで頑張ってツクってみましょう。
それができたらエントリーかな!

2014紅白伝説第三話:始動!一夜限りの海賊団!!

2014.12.03

紅白に出すゲームのタイトルを決めました。
その名も、一夜限りの海賊団です。
このタイトルからみなさんが何を想像するのかはさておいて、
ちょっとストーリーの導入部を掲載します。
ベルベル自作絵つきでな!

------------------------------------------------------------

海賊ミリィは海と冒険を愛する女の子。
しかし船をもたないミリィはイカダで旅をしています。
いつの日か多くの仲間と素敵な海賊船で冒険することを夢見ています。
海に出た当初はイカダの操縦が思いのほか難しく、
何度もサメとかに沈められそうになりましたが、
今ではすっかりイカダの操縦も板につきました。
いや、丸太につきました。
イカダだけにwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww







しかし彼女は知る由もありませんでした。
自分が今渡っている海域が、地図から消された海域であること。
そしてそこは日夜問わず暴れ狂う、
眠らないハリケーンが吹きすさぶ海域であることを!
イカダはあっと言う間に破壊され、
ミリィは海に飲み込まれてしまいます。





すみません飽きました。

目を覚ますとミリィは浜辺に漂着していました。
浜辺のすぐ近くには街があり、どうやら無人島ではない様子。
しかし相変わらず海辺はハリケーンで荒れています。
そう、彼女はこのハリケーンに覆われた小さな島、
ゼッカイコ島に閉じ込められてしまったのです。





浜辺にまな板も落ちてそうな島ですね。


ミリィはゼッカイコ島からの脱出を試みます。
日中はハリケーンが特に強く、どんな船もひとたまりはありません。
夜は嵐が比較的弱くなりますが、それでも頑丈な船が必要です。
しかし…夜はもう一つ島からの脱出を阻む敵がいるのです。
それは、亡霊船と悪霊達!!
ゼッカイコ島を脱出するには、
宵闇の荒れた海を漂う恐るべき亡霊船を振り切らなければならなかったのです!

脱出のためには船を手に入れる必要があります。
それだけではありません、亡霊船と戦うだけの仲間が必要です。
ゼッカイコ島を舞台にしたミリィの冒険が始まります…!

------------------------------------------------------------


と、こんな感じです。

今回登場するキャラクターの案も考えました。
主人公は8人を予定していますが…あとは締切との勝負、減る可能性が高いです。
全員出したいですけどね。



風呂敷は広げきった感があるので、
あとはどれだけうまくたためるかです。
全部表現しようとして間に合わないよりも、
不要だったり、そこまで重要じゃないものはガッシガッシ削っていきます。
準備だけはしておきます。
だけど時間がないなら問答無用で切り捨てます。
紅白に遅刻しないということは、そういうことなんです!
これは…心と機能を詰む戦い!!
俺のツクール、お見せしよう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。