スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

~midiを求めて~ 3代目素材保管庫 ピックアップ紹介⑤

2012.08.30

今日も三代目素材保管庫にて保管されているmidi素材を紹介していきます。

最近仕事に忙殺されてブログの更新がおろそかになっているので、
ちょっと紹介する曲の数を減らし、更新時間を節約することにします。
なあに、一度に紹介する曲が少なくなっても名曲は名曲!
音楽は逃げないから安心せい!(今日の名言)


その21:廃墟

私廃墟というもの自体が大好きなんですが、
ゲームでの廃墟で流れる退廃的で寂しいBGMも大好きなんですね。
この曲もそんな感じで寂しさ押しでグッときてます。
タイトル通り廃墟で使ってもよいですが、
シリアスなイベントシーンなんかでもジャストミートするんじゃないかと思います。


その22:ダンジョンとか町で使えそうなやつ作ろうと思ったけどまた後半カオスになった

後半カオスというからには大変なことになってるのかなと思ったのですが、
終始ゆるやかで落ち着いた、癒される感じのメロディでした。
こんなBGMが流れるフィールドや町を歩いてみたいものです。
町やイベントシーン、個人的にはフィールドでも使える曲だと思います。
この曲は2分ものボリュームたっぷりな曲なので、
曲調もあいまってエンディングやオープニングでも使いやすそうですね。


その23:街っぽいの

まさに活気のある都会の街っぽい感じがしますね!、
大きな街でこんなワクワクさせてくれる曲が流れると脳汁でまくりんぐですね!!
どことなくパワプロのサクセスとかで流れそうな曲な気がします。
やっぱり都会な街での使用が個人的に一番しっくりきます。
アクションゲームとかだと平原フィールドとかでも映えそうですね。



普段5曲紹介して、今回は3曲。今後もしばらく3曲紹介になるかと思います。
ブログを見てる皆さんは、一度に多くの名曲を聴きたい強欲ツクラーだと存じますが、
なあに、一度に紹介する曲が少なくなっても名曲は名曲!
音楽は逃げないから安心せい!(今日の名言)

音楽はいい、心が洗われる。

◆参考リンク
 三代目素材保管庫
スポンサーサイト

明日から使えるツクール技!必殺のコモンイベント検索法!

2012.08.28

コモンイベントは非常に便利な機能ですよね。
CommonEventの名に恥じぬ、汎用イベントとしての使い方ももちろんですが、
コモンイベント単位で処理を分けて可読性を上げるなどの使い方、
その他もろもろ…、本当に便利な機能です。

自作システムツクラーならば、このコモンイベントを使わない人はいないでしょう。
マップイベントに全部書くのも初心者のころはやりがちですが、
慣れてくるとやはりコモンイベントに処理を書くようになるものです。
中にはコモンイベントの数をステイタスとするツクラーだっています。
私がそうです。
ちなみに、私のゲームのコモンイベント数は53万です。
もっとも、最初から完成させるつもりはありませんのでご安心を…。

さて、そんな便利で便利で仕方が無いコモンイベント。
数が少ないうちならまだしも、
自作システムを構築していくにつれ、数が増えていくと、
どうしても避けられない問題に直面します。
とあるスーパーツクラーの日常を例にしました。

------------------------------------------------------------



ふふふ、こうやって処理毎に分けることで
美しくも儚いイベントを書いてる俺ってかっこいいなー。
外見も内面もイケメンすぎる俺って罪だなー。

さて、戦闘イベントでバグが出たぞ。
多分味方攻撃時の処理に問題があると思うんだけど…、



おっと、味方攻撃時の初期処理は
「0138:0フレーム処理」ってイベントにまとめてるんだったな。
ちなみに先頭の0138は、コモン0138番目の「★Actor1:攻撃処理」から
呼ばれてるイベントってことを表しているんだ。
イベント名を見ただけでどこの何の処理かが理解できる
ベルベル式tktkテクニックさ、覚えておきな。
おっとそんなことよりこの「0138:0フレーム処理」を探さないと。



…ふっ、俺がスーパーツクラーすぎて、
いつの間にやらこんなにも大量のコモンイベントをツクっていたのか…。
総コモンイベント数は857個。
ここから目当ての1個を探し出すのは至難だな。
だが、覚悟を決めるぞ!
覚悟を決めるしかないんだ!!













はぁ、はぁ、あ、あった…。
このイベント見つけるのに10分かかっちゃったぜ…。
はは、はは、はははは…。









エターなった^w^

------------------------------------------------------------

※この物語はフィクションです。

目も当てられない悲劇ですね。
あぁ、スーパーツクラーがゆえの回避できぬこの苦行!
なんとかならないものでしょうか…?
はい、なります。
みなさんもご存知の、あのツールを使えば一発です。

「あ、"RPGデバッガー200X"を使えばいいんだな!」と思ったあなた、おしい!
RPGデバッガー200Xは既にイベントの場所が分かってて、
それがどこから参照されているかを調べるには凄まじく便利なツールですが、
今回のケースのように、イベント名しか分からない、とあるイベントが
どこにあるのかを探し出すのは若干難しいのです。

では何を使えばいいのか?
これです。みんな大好き、"TkoolBridge"を使えばいいんです。



例えばこのコモンイベント、名前も地味で探しづらいことこの上ないですね。
これを目で探し出すとなると時間がいくらあってもたりません。
そこで、TkoolBridgeの出番です。
フォーカスしてる部分をコピペして、TkoolBridgeで変換してください。
それで全て片がつきます。



このように、コモンイベントの番号がTkoolBridgeにて出力されるのです。
番号さえ分かってしまえば後は簡単!
コモンイベントの一覧にて、その番号を探せばOK!!



はいみつかったー!所要時間10秒未満!
素晴らしすぎる…。

いやぁ、TkoolBridge、超便利ですね。
これであなたもエターナルから脱出しましょう!

●追記
RPGデバッガー200Xでも普通にイベント検索できました。
イベント名を検索にかけることができます。
しかもこれ、マップイベント名も対象になるのでより便利です。
何で誰もこの機能を教えてくれなかったんだ!!


●参考リンク
TkoolBridge
RPGデバッガー200X

あまりに何も出来ないこの世の中じゃ

2012.08.21

平日が忙しくて正直何も出来ません。
時間は、確かにギリギリあるんですけど、動かない。
体が動かない!精神力が切れている!
結局進捗もなにも進まない状態に。

何もしないってことは当然ブログにも影響します。
だって、何もしないんだから何もネタがない!
ネタがなければ書けない!
あぁ、この悪循環っぷりは凄まじいですね。

というわけで、今日から何かをしなければなりません。
何かをしないと、ゴミです。
動かない人間はゴミなんです。
俺はゴミでありたくないです。

とりあえずtktkは30分でもいいからやっておきたいですね。
0分と30分は雲泥の差…!
30分で一体何が出来るのかを再確認するのも、悪くない。
今日は30分だけでも時間をとってtktkします。

やとゆめで分かる!カウンターや防御技の有用性

2012.08.12

もともと無い機能だったのに、
思いつきで「これ面白そうじゃね!?」と安直に考えて
機能を追加する…、ツクラーならだれしも通る道です。
かくいう私も、懲りずにそんなことばっかやってます。
後から機能を追加すると、色々苦労することも多々ありますしね。

でも、そういう閃きがあったら迷わず実装してみましょう。
きっとより良いゲームになってくれるはずなんです。
そのせいで祭りに遅刻しても、それはそれでいいじゃないか。
自己責任自己責任^w^

そんなわけで、やとゆめにやっとカウンターの機能を実装することができました。
どういう風に実装すればスマートだろうか、とか考えるばっかりで、
あとなかなかtktkできずに時間ばかりがすぎていきましたが、
案外簡単に実装できました。

コモンイベントは大量に細かく分けてツクってたおかげで、
機能追加がやりやすかったんだろうなと思います。
ちなみに今のコモンイベント数は800個くらいです。まだ増えます。
ツクール的にはコモンイベント分けない方がいいらしいですが、
機能ごとにコモン分けた方がやっぱツクりやすいと思います。
でも数が多くなると目当てのイベントが探しにくいのでそこは要相談。

さて、カウンター機能についてなんですが…、
SSじゃいまいち伝わらないので、動画にしてみました。



他に人から見るとどう思うかは分かりませんが、
俺から見ると…、超テンションあがります!!!
動画にはありませんが、カウンターを防御技で回避したり、
カウンターをカウンターすることだってできます!!!
やっぱ俺って天才ツクラーやったんや!!!!!

防御技っていうのは地味かもしれません。
世の中にはレベルばっかあげて、その時点での最強技ばっか使うような
脳筋プレイヤーもいるわけですが…、
私のような頭の良いプレイヤーは、カウンターなどを巧みに駆使して
スマートに敵をやっつけるもんです。

今回のゲームシステムは、相手にも行動力が設定されており、
こっちが行動力を貯めると、相手も同様に行動力がたまっていきます。
そうなると、相手は行動力を大きく消費する強力な技を使うんですが…、
それを防御技でいなすと…?無駄に相手に行動させることになるわけです。
ふふふふふ、頭の良いプレイヤーの皆さんは脳汁でまくりでしょう。
脳筋プレイヤーの皆さんにはちょっと難しかったですね。すみません。

というわけで、そんなtktkをしてました。
さて、あとは終末に向かって走りぬくだけです。
やるぜ!!

時間がかかってもいいじゃない。
満足のいくものを作りましょうよ。
ツクラーだもの。
ベルベル

ツクスレ作品紹介 beatmosimoⅡLX

2012.08.11

私は色んなゲームをプレイしてきました。
RPGツクラーとしてもちろんRPGはたくさんプレイしています。
アクションゲー、シューティング、シミュレーションも押さえてます。
カードゲーム?育成ゲーム?ボードゲーム?余裕すぎて鼻で笑えます。
脱ぎ麻雀などのエロゲーだってものまでプレイしてきましたとも!
私がプレイしてないジャンルは無いといっても差し支えないでしょう。

しかしだからと言って、全て得意というわけじゃありません。
この世に数多あるゲームの中でも、
私が最も不得意するジャンル…、それが「音ゲー」です。
単純に経験数が少なすぎる、というものもあるでしょうが、
大量のキー入力を要求されたとき、何も押せずにTENNYA WANNYAしてしまいます。
音ゲーには、もちろんリズム感も要求されるのでしょうが、
それ以外の何かも必要な、非常に難度の高いゲームだと思います。

もう一個言うと、ツクールで音ゲーをツクるのも
結構大変じゃないかと思います。
演奏されている曲にあわせてキー入力の譜面を作る必要がありますが、
2k系ツクールではあまりそういった面のサポートが無いと思われますので、
一曲分作るのも苦労するだろうなぁと思います。

そんな作るも遊ぶも難しい音ゲーを、
ツクールでボリュームたっぷりに仕上げたゲームがあります!
音ゲーとしてはもちろん高クオリティではありますが、
もしもワールドの見るゲとしての一面もある素晴らしい作品です!
2011念紅白VIPRPG エントリーNo.8
「beatmosimoⅡ LX」!!



メインの遊び方はいわゆる普通のアーケードモード、
そしてもしもワールドを冒険しながら曲を遊んでいく、
アドベンチャーモードの二種類があります!
両方遊ばないと恐らく全ての曲は遊べないかと思われますが、
それだけにボリュームもたっぷりでございます!

音ゲーとしては非常によくできてると思います。
メインゲーム部分以外の、リザルト画面やら何やらの
インターフェースもしっかりツクってて、視覚的にも楽しいです。
しっかりキーコンフィグも弄れるので、
自分好みのプレイ環境に仕上げられる点もgood。
あとフリーゲームモードで、曲の説明が聴けるのですが
その説明文とかが個人的に結構好きです。

収録されている曲は、主にRPGツクールのRTP曲、
viprpg界隈でよく使用されている名曲、
そして版権ものなど、わりと手広く扱ってます。
音ゲーの魅力の一つに、好きな曲で遊べるというのがあるかと思いますが、
そういう意味では我々VIPツクラーとして馴染み深い曲が多いので、
その辺もつい遊びたくなる感じがします。

難易度は、鼻くそほじりながらでも余裕クリアできる曲から
寿命をいくらか捧げないとクリアできないレベルの曲まで、
それぞれ取り揃えています。
最近やっと中レベルの曲が出来るようになりましたが…、
うーん未だに高レベルの曲を遊べる気がしませんね。
とりあえず、音ゲー初心者も上級者も遊べる感じです。

アドベンチャーモードは、音ゲー以外にも
ダンジョンのギミックを解いていく要素が前面に押し出されてるので、
意外とそんなところで遊べる点があります。
ギミックが本当に色々あるので、参考になります。
後ろを振り返ってはいけないギミックあたりが好きです。
もちろん、曲を遊ぶというところもメイン要素なので、
次はどんな曲なのか、という点もワクワクしますね。

とまぁ、音ゲーが苦手の私でも結構長く遊んじゃいました。
本当に良く出来たゲームだと思います。
ぜひぜひ、遊んでみてください。
自分の好きな曲で遊べるかもしれません。

このゲームのオススメポイント。

それでは私の好きな曲ベスト3を紹介していきましょう。

●第3位:コロシアム


なんといっても打ち易い!
私くらいのレベルには非常に丁度良い難易度です。
キーは結構押しますが、曲のリズムに乗りやすいので高得点とりやすいです。
曲自体も好きですが、プレイしてる時が楽しい曲です。


●第2位:elements


仮面ライダーのテーマ曲らしいですけど、
私としてはviprpgで有名な自民ライダーのテーマ曲!
難しいんですけど、やっぱこの曲は熱くてたまんなく好きです!
階段系の入力とかを綺麗に決めた時は気持ちいいですね。


●第1位:空と風が出会う場所


こんの寂しい曲!俺の心を狙い撃ち!
G2-MIDIという素材サイトのものらしいです。気に入ったぁぁ!
落ち着いた曲の割りに中盤からかなりの難易度!
最後まで聞くために頑張った曲です。
え、最後まで聞きたいだけなら全キー同時押しで十分だって?
そんなこと言うな!!!


参考リンク:beatmosimoⅡLX
      G2-MIDI

このマクドがすごい:モスキートキラーマクド

2012.08.05

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

7月も終わりにさしかかり、世間はすっかり夏真っ盛りですね。
VIPRPG夏の陣もあるし、暑さも一際激しくなってきたところですが、
私はそれよりも気になることがあります。
それは虫!夏は虫の野郎どもが活発化する時期でもあるんです!
蚊やハエなどのうっざい小虫達にはほとほと困ったものです。
余談ですが最近うちの台所のハエがひどいんです。

蚊に悩まされるのは彼も同じことのようですね。
今回紹介するのはマクドシリーズ4作目、
「モスキートキラーマクド」です。


出ましたな。なんかまわりでうろちょろしてる。



こんなでかくてウザそうな蚊が周りをうろちょろしてたら
多分発狂する。自信あるよ。



しかも喋る。意味不明だけど喋る。
こんなうるさくてウザそうな蚊が自室にやってきたら、
多分おたけびあげる。自信あるよ。



意味が分からないけどマクドがキレた。無理も無い。



うわっ、煽ってきた。しかもやけに事情に詳しい。
こんな人を小馬鹿にしたウザそうな蚊が視界に入ってきたら
多分泣く。自信あるよ。



マクドだと何故かダブルチーズバーガーばっか選びます。
あとモスバーガーだと何でもおいしいからこだわりなく何でも選びます。




ぼんボンバボン!!!(キンチョール)


生きていたか…。
殺虫剤ふりまいたくらいじゃ、やつらはすぐに舞い戻ってくるんだよね。
やっぱり蚊取り線香こそ最強の蚊対策用品か。



あ、いいんだ。
まぁ作業や眠りの妨げにならなきゃ俺も殺虫剤まいて満足するかも。




気まずい。



Fin...

この「モスキートキラーマクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
自分のまわりにたかってる邪魔な存在をやっつけたからと言って、
果たして邪魔な存在を全部やっつけたと言えるのか?
この社会には同じような邪魔な存在がまだまだいっぱい存在する。
根本的な問題解決を図らなければ意味がない、という事でしょうか。
世知辛い。

このゲームは漆黒の保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:モスキートキラーマクド

過去作品再公開シリーズ第二章:覚醒の時近くして 作品No.6~11

2012.08.03

前回の記事に引き続き、過去作品の紹介をしていきます。

初期のゲームは本当にプレイしてると恥ずかしくなってきますね。
なんでこんなに恥ずかしいんでしょうか?
ゲーム内のノリも今とは全然違うし。
それだけ成長した証拠とはよくいったものですが、
恥ずかしいものは恥ずかしい!!

今回アップした作品は、以下のとおりです。
なお、作品No.10 お弁当つくりは別の機会にうpします。
お気に入り作品なので!

作品No.6:THE PICTURE


この作品を期に、ピクチャーに目覚めることが出来ました。
ピクチャーを制するものはツクールを制す…!
若輩者の頃ながらも気づいてしまうあたりがやはり天才。
ただ、ゲーム内で自分が作ったゲームをベタ褒めするのはどうかと思う。
それはちょっと恥ずかしい…。


作品No.7:125と世滅入りのラブストーリー


かつてツクスレには狐の世滅入りというコテがいました。
だれ?と思うのも無理はない。
まさかあのksgツクラーのこととは誰も思うまい…。
ふふふ、もはや答えを知るものはほとんどおりますまい。
あ、このゲームとその狐の世滅入りは大して関係ありません。


作品No.8:銃撃☆ミリィ


銃撃☆ミリィシリーズ記念すべき第一作。
このゲームをもとに突撃☆ミリィが作られたと思うと、
我ながら感慨深いものがあります。
ツクールでシューティングを作っちゃったので、
当時ツクスレ住民に褒められた気がします。
操作性は悪いし難易度も高いけどそこそこお気に入りです。


作品No.9:ゴメリア


何かアップするどころか中身を見る気にすらならないゲームだったので封印。
もうちょっと何とかしろよ。


作品No.11:ハーたんのクイトゥス


私は当時もしもキャラの中でも、そのころ準幹部と言われていた
恍惚、メカゴ、ドラゴン、ベビゴあたりのキャラが好きでした。
彼ら4人は今でも人気で愛着もたれてるキャラ達ですよね。
このゲームにポっと出で登場したキャラとは雲泥の差というものです。
え、いま好きなキャラ?
トリッシュとデュラハンが好き(///)


初代の紅白~初代GWあたりの時期にうpした作品達です。
まだまだ技術不足が目立つ感じがしますが、
それでもこのあたりから色々やろうとしていることは伺えます。
良いことではありますが、うーんやっぱ恥ずかしい!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。