スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

このマクドがすごい:モスキートキラーマクド

2012.08.05

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

7月も終わりにさしかかり、世間はすっかり夏真っ盛りですね。
VIPRPG夏の陣もあるし、暑さも一際激しくなってきたところですが、
私はそれよりも気になることがあります。
それは虫!夏は虫の野郎どもが活発化する時期でもあるんです!
蚊やハエなどのうっざい小虫達にはほとほと困ったものです。
余談ですが最近うちの台所のハエがひどいんです。

蚊に悩まされるのは彼も同じことのようですね。
今回紹介するのはマクドシリーズ4作目、
「モスキートキラーマクド」です。


出ましたな。なんかまわりでうろちょろしてる。



こんなでかくてウザそうな蚊が周りをうろちょろしてたら
多分発狂する。自信あるよ。



しかも喋る。意味不明だけど喋る。
こんなうるさくてウザそうな蚊が自室にやってきたら、
多分おたけびあげる。自信あるよ。



意味が分からないけどマクドがキレた。無理も無い。



うわっ、煽ってきた。しかもやけに事情に詳しい。
こんな人を小馬鹿にしたウザそうな蚊が視界に入ってきたら
多分泣く。自信あるよ。



マクドだと何故かダブルチーズバーガーばっか選びます。
あとモスバーガーだと何でもおいしいからこだわりなく何でも選びます。




ぼんボンバボン!!!(キンチョール)


生きていたか…。
殺虫剤ふりまいたくらいじゃ、やつらはすぐに舞い戻ってくるんだよね。
やっぱり蚊取り線香こそ最強の蚊対策用品か。



あ、いいんだ。
まぁ作業や眠りの妨げにならなきゃ俺も殺虫剤まいて満足するかも。




気まずい。



Fin...

この「モスキートキラーマクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
自分のまわりにたかってる邪魔な存在をやっつけたからと言って、
果たして邪魔な存在を全部やっつけたと言えるのか?
この社会には同じような邪魔な存在がまだまだいっぱい存在する。
根本的な問題解決を図らなければ意味がない、という事でしょうか。
世知辛い。

このゲームは漆黒の保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:モスキートキラーマクド
スポンサーサイト

このマクドがすごい:恍惚さんと話すマクド

2012.07.24

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

マクドシリーズはマクドシリーズなりの世界観があります。
世界観なんて言葉を使っていいのか分かりませんが、
ちゃんと独自の世界があるんです。
マクドが別の世界(ゲーム)におじゃますることはあっても、
このマクドワールドに別世界のキャラがおじゃますることはあまりないんです。

ところが今回紹介するマクドシリーズ3作目はその数少ない例外です。
その名も「恍惚さんと話すマクド」!
なんと、あのもしもワールドからあの恍惚なる闇が!?


出ましたな。
とすると、彼の隣にいるのが…?



やっぱり。
姿形はそっくりだけど、全く異質な存在に出会った恍惚さん。
その心情たるや複雑そのものでしょう。




マクドシリーズがだいぶ出た今の環境でも、
果たして彼は恍惚と同じくらいの知名度があるのかどうか。
どうでもいいけど「心が読める」で遊戯王を引き合いに出すってことは
つまり恍惚は遊戯王が好きなんですね。



うわっ、いきなり壊れた。



恍惚はそんなこと言わない。




マクドらしくなってきたっちゃなってきた。



なんか変なのまで飛んでくる始末。
二人で仲良く話してるのに突然話に入ってきて場を白けさせる図。


何か違う。
恍惚さんがおかしくなる話は少なくないけど。
この世界でおかしくなったらマクド氏と何も変わらないんじゃなかろうか。


俺が聞きたい。


Fin...

この「恍惚さんと話すマクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
心を読むという単語を聞いたら、色んな作品が頭に思い浮かぶのでしょうが、
ここで何を例として上げるかでその人の嗜好が分かるという
人間観察術についてなのでしょうか。
世知辛い。

このゲームは漆黒の保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:恍惚さんと話すマクド

このマクドがすごい:ねじが外れたマクド

2012.07.11

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

マクドシリーズの特徴は色々ありますが、
やはり主人公マクドナルドを含む登場キャラ達の、
良く分からないキャラクター性も特徴的ですね。
何故作者はこんなどうしようもないキャラで
シリーズ化しようとしたのでしょうか。

さて、今回紹介するのはマクドシリーズ2作目、
「ネジが外れたマクド」です。
とっくに外れてるものと思ってました。


出ましたな。
2作目でまだ不慣れだからか、お馴染みの台詞がちょっと違いますね。



ネジが外れたのはマウスだけじゃないよね。
あなたの頭からもころころ~してるよね。



ネジを探すマクド。
しかしマウスについてるような小さいネジが床に落ちたら
見つけるのもなかなか大変だぞ。



ネジを探してたのにコンセントに興味をもつな!!!
そんな集中力で床に落ちた小さいネジを見つけられるとでも思っているのか!!



ほらいわんこっちゃない!
不自然な場所にあるコンセントに触れるとビリッとくるのが相場です。
この後色んな鉄製品がマクドめがけて飛んでくるんでしょうね。



気のせいでしょう。
電撃を受けてパワーアップしたのはピカチュウくらいしか覚えがありません。
(タケシのイワークが倒せなかったときの話。)



強くなったからどうなるんだというむなしさを表す一言。
でも強くなっておいて損はないと思うんだけどなぁ。
大は小をかねるというし。



あ、あれ?
Fin...

この「ネジが外れたマクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
どんなに人並み外れた力を手に入れたのだとしても、
外れたネジが見つからない現実の前には
どうしようもないということなのでしょうか。
世知辛い。

このゲームは漆黒の保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:ネジが外れたマクド

このマクドがすごい その1:超巨大隕石マクド

2012.07.07

※タイトルや紹介作風は某魔皇女紹介サイトとは一切関係ありません。

その昔、ツクスレにはもしもシリーズに並ぶ名作シリーズがありました。
なんとシリーズ、まさかシリーズ、
ニワニワのもうだめだシリーズ、ニコニコツクスレシリーズ、etc...。
色々ありましたが、その中でも異様な風格をあらわすシリーズ作品がありました。
それが、マクドシリーズ!
主人公マクドと愉快な仲間達のシュールな物語です。

今回紹介するのはその名作シリーズの記念すべき(恐らく)第一作、
「超巨大隕石マクド」です。


出ましたな。



暇をもてあましてる時って辛いね。
でも仕事仕事で暇が無いのもとても辛いね。



突然発狂しだすマクド。
ksgではよくあること。



しかしそこには超巨大隕石が!
これは発狂して犯罪行為に走るのも無理はない状態ですね。
このままでは宇宙<そら>が堕ちてしまう!






4コマみたいになりましたが、これが山無しオチ無し意味無しってやつですね。



この小さなミサイルが我等人間の希望の弾丸だ───!



そして脅威は消え去った…。



ハッピーエンドなんですが、隕石が降る前にヤケになって犯罪行為した人達は
漏れなく逮捕祭りでしょうね。
ノストラダムスの大予言の日はどれだけの人が逮捕されたんでしょうか。



しかし回避できぬ悲劇。



Fin...

この「超巨大隕石マクド」の作者は、我々に何を伝えたかったのでしょうか。
最後まで諦めない姿勢を貫いても回避できない絶望というものがあるということを、
このゲームを介して伝えたかったのだと思います。
世知辛い。

このゲームはきまぐれ保管庫の提供でお送りしました。
作品リンク:超巨大隕石マクド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。