スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人リレー3周目:ストレスフリーな狭いマップ

2015.02.28

一人リレーが走られました。
更新履歴を確認したところ、なんと一ヶ月ぶりの更新です。
いいですね、この更新停滞っぷりもリレー作品の花ってやつですね。

一人リレー(仮) 三走目



ハージマリ村でツクってなかった家の中身を全部ツクりました。
1時間ちょいくらいで6マップツクって、こりゃいいぞと思ったんですが…、
テストプレーと修正を含めて結局2時間ほどかかってしまいました。
よろしくない。

本当ならマップの修正をするつもりはなかったのですが、
実際にテストプレーで歩いてみたときに、
異様にマップが広く感じてしまいました。
ストレスになりますね。



これは最初にツクった酒場のマップですが…、
ごらんのとおり入り口からカウンターまでが異様に長いんですよね。
もともとこんなつもりはなく、すぐにカウンターまでいける想定だったのですが、
おそらく右側のテーブルを配置する過程で
いつのまにか縦幅が広くなっちゃったのでしょう。



なので狭くしました。
こんだけ狭いならまぁ許容範囲でしょう。
ただ、まだ村人イベントを配置していないので、
実際に配置してみると鮨詰めになる可能性も否めませんね。
次走るときにまた調整が必要かもしれませんね。

…と思いましたがハージマリ村のマップサイズの調整はもうしません。
そういうことをして時間を浪費しないようにするためのリレーだろうが!!
最初に考えすぎないこと、後々から手直しで時間をかけすぎないこと、
そういうことをやめようと言っているのです!!
うーん…なかなか難しいもんです。

次は、村人イベントの配置ですかね。
そろそろモンスターも用意したいところではあるんですけども。
戦闘は戦闘でまた別途考えることが多そうですが…、
基本はテンポ良く、楽めのバランスでいきたいですね。
まて次回!
スポンサーサイト

tag: VIPRPG  RPGツクール 

一人リレー2周目:意外と難しい一時間以内のtktk

2015.02.01

一人リレーが走られました。
といっても走ったのは私ベルファーレ長田ではありません。
コンサドーレ三鷹さんという人です。
マメな人で、趣味はサッカーだそうです。

コンサドーレ氏が私が走ったときの残件を一部片付けてくれました。
またハージマル村のお店マップの追加などもやってくれています。
その他新しい仲間キャラや、アイテムの追加を少しやってくれてますね。

一人リレー(仮) 二走目



以下はコンサドーレ氏から聞いた話なんですが…、
ルール上は「一日に走れる時間は一時間まで」とありますが、
今回はうっかり一時間半くらい走ってしまったとのこと。
要するに締め切りを破ってしまったんですね。
これはいけません、今回の企画が何を目的を見失っています。
早くツクる!すぐツクる!この気持ちを取り戻すことが目的なのです。

それでもまあ…色々追加したかったり、丁寧に仕上げたい気持ちもわかります。
まぁそれはそれで良いことです!
素早く仕事できるけど成果物が雑な人よりも、
仕事は遅いけど成果物がきっちりできている人の方が評価される世の中です!
本当に大事なのはスピードじゃありません!!
今後もより高いクオリティで走ってくれることを期待していますよ!!!



まあ今後は一時間で走れるように頑張りましょう。
何もこのゲームだけをtktkすれば良いというわけじゃないのです。
他の作品だってtktkしなきゃならない…そのための一時間の時間制限。
最近あまりそれらのtktkできてなかったわけですが、
流石にやらなきゃマズいですね。

とくに現在鋭意制作中の「一夜限りの海賊団」はGW向けの作品。
いくらまだ余裕があるといっても、このまま3月4月に入ればエターなるのは必至!
今のうちに片付けるべきでしょう。
そんな感じでこのゲームにかけられる時間は最大でも一日一時間まで!
これは厳守として次の走者さんはよろしくお願いしますね。
まて次回!

tag: VIPRPG  RPGツクール 

一人リレー1周目:たった一人でリレーゲーをツクる!土台作成!!

2015.01.31

ここ最近何も考えずにツクるということが出来ていません。
昔は後先考えずに、面白そうだからという理由で
ワーっとツクる力があったのですが、
今は最初にじっくり、後々のことまでしっかり考えて、
設計が煮詰まったら実装を始めるというスタイルになってしまいました。

もちろんこれはこれで良いこともあります。
最初のほうにしっかりツクるべきもの、そうでないものを分けて、
まずは戦闘システムからツクって、最低限のベースをツクって、
マップをツクる前にもツクる街やダンジョンを洗い出して、
この台詞を喋る村人がいて、こんなモンスターがいて、…。

これは実際のところ便利です。
ツクるものが決まっていると楽なのは否めません。
しかし…モチベーション管理が結構大変です。
というのも、設計やベースシステム作成は地味な更新が多く、
本当に進捗が伸びてるのか分かりづらい状況になりがちです。
また、先に考えてから手を動かすというやり方になるため、
下手すると一切手が動かないままエターなるなどということも…。

何も考えずにツクるやり方だと、序盤の進みは本当に早いと思います。
ベースシステムも最低限の部分だけ実装して、
がんがんマップやイベントもツクっていきます。
配置する村人も、冒険するダンジョンも、戦うモンスターも、
全てフィーリング片付けて、気に入ったものをぽんぽん追加!
大体の場合途中で整合性がとれなくなったり、
システム部分のイベントもぐちゃぐちゃになりがちですが…、
初速が早い分進捗が見えやすいので、ある程度のモチベは確保できますね。

この作成スタイルの変化は、
ツクラーとして老成した…ということもあるのでしょうが…、
なんか大事なものを忘れてしまった気もするんです。
昔のギラギラしたtktkっぷりも、見習うところはあるんじゃないか!?
最近は特にそう考えるようになりました。

というわけで、それを取り戻すためにある企画を立ち上げました。
その名も、一人リレー!!
一日一時間までtktkしてうpし、これを繰り返すリレー作品です。
ただし走者は私一人だけ!
一時間という短い時間は、
他ゲーtktkに影響を与えないようにするため、、
そしてあまり考えずに手を動かすためのもの!!

難しいことを考えないために、自作システムは作成禁止しています。
とにかくワーっとツクってうp!ワーっとツクってうp!
これを繰り返すことで、往年のギラギラ魂を取り戻すというわけです。
という目論見をしっかり考えて企画を立ち上げた時点でどうかと思いますが…。

さっそく今日の分をうpしましょう。
一人リレー(仮) 一走目



まずは最初の村の外側だけツクりました。
名前はハージマリの村です。あまり考えずに決めました。
こんな感じで後先を考えずにtktkしていきます。

しかしこの一走目を走った時点でわかったのですが、
テキトーにやることが出来なくなってるなって思いました。
マップ一個だけの作成となりましたが、
地面やらオブジェクトやら色々配置し、かなりツクりこんでしまいました。
こういうのをやめにしようというわけです。

まずは!素早く!!さっと!!!ツクる!!!
この気持ちを何とか取り戻します。
まて次回!!

tag: VIPRPG  RPGツクール 

2014GW祭りに提出するはずだった作品:DarkBreeder

2014.11.21

LOLというゲームにどっぷりハマってしまい、
tktkもままならなかった時期がありました。
しかしそんな私もツクラーの端くれ、祭りがあれば作品を投稿しにいく次第です。
2014年紅白VIPRPGにも作品を出そうと思っています。

夏の陣は仕事が忙しいのもあってエントリーもしていませんでしたが、
GW祭りはちゃんとエントリーしていました!
下記はその作品ページです。
No.063  DarkBreeder

そして仕事やLOLの魔の手から逃れ、最近ついに作品を完成させたのですが…
理由は定かではありませんが、GW祭りの更新が終了していたんです。
これは由々しき事態です、せっかく完成したのに祭りの更新がされなければ、
作品を受理されないのも同然!
永遠にエントリーページに作品が並ぶことはなく、
作者である私にもエターナラーのレッテルが貼られてしまいます。

それはいけません、祭りが駄目ならスレに貼るしかない。
というわけで最近本スレにゲームを投稿しました。
それがこちら、DarkBreeder!




魔皇女様が手塩にかけて下僕を育てては殺し、育てては殺しの繰り返しで
自らの魔力を高めるサクセスストーリーを追った育成ゲームです。
指定日数以内に定められた目標をクリアしていくステージクリア形式と、
何も考えずに好きなようにプレイするフリーゲーム形式の2種類の遊び方があります。

モンスターを配置して、餌となる環境を配置して、時間を進めて、時期がきたら殺す。
こんな作業をただただ繰り返すわけですが、
スライムは分裂して数が増えたり、オークは毎日うんこたれながしたりと、
ちょっとした変化がマコ・ファームを彩ってくれます。
少し油断すると死体が山を連ねることになるかもしれませんね。

かなり楽にクリアできるように調整したつもりですが…、
どうも慣れないと第一ステージクリアすらおぼつかないという感想が多かったです。
こんなに俺とプレイヤーで意識の差があるとは思わなかった…!

ちなみにこのゲーム一番苦労したのは
モンスター育成部分ではなく、魔皇女様と登場人物との会話シーンでした…。
不甲斐ない成績を収めたときのイベントシーンの会話で、
いかに魔皇女様をこき下ろすかを必死に考えながらツクりました。
ミノさんの発言にイラっとしてくれた方もいたようで、うれしかったですね。

このゲームを投下したおかげで、俺はモチベを取り戻すことができました。
多くのコメントを得ることで、ツクラーは元気になる伝説は本当でした。
君の一言が、エターナラーを救う。
感想は大事ですね。
冬は気を付けないといけませんけどね、乾燥だけにwwwwwwwwwwwwwwww

それにしても…何故GW祭りページの更新が終了したんでしょうか?
私みたいに作品をあげようとしている人もいるというのに!
おこですよ!ぷんぷん!

11代目保管庫:DarkBreeder

過去作品再公開シリーズ第三章:地獄の黒歴史祭り 作品No.12~17

2012.10.07

久々に過去作品を紹介していこうと思います…が。
今回紹介する過去作品はほとんど公開しません。
なぜって?
恥ずかしいからに決まってるだろ!!!

どれもこれも再プレイしていて顔が赤くなっちゃいました。
ネタはどれもこれも寒いし、
頑張って描いてる絵も恥ずかしいし、
そしてなにより面白くない!!

というわけで今回はほぼSSのみの紹介になります…。
ざっくりいってみましょー。

作品No.12:大長編ブライアン ゴメスとアレックスの~


こんなもんツクった覚えがないってくらいに印象にない作品です。
どうやら昔あった春のパン祭り?みたいな祭りがあった時にツクったみたいです。
遊んでみましたが全く持って面白くなかったです。
この程度の安価も消化しきれないとは…。


作品No.13:気のせい


勝手に改蔵という漫画にハマってたころにツクった作品です。
あるあるネタをフル活用した記憶がありますが…、おもんないです。
あと頑張って描いた絵があるんですけどちょっと恥ずかしくて出せないです。
多分描いた時は改心の出来だと思ってたはずです。気のせいとも知らずに。


作品No.14:もしもARM使いだったら


MARという漫画にハマってたころにツクった作品です。
なんと全シーン頑張って自作絵を描いた紙芝居見るゲです。
正気の沙汰じゃありません。
SSの絵だって恥ずかしくて見せたくないんですが、
実はこれ以上先をプレイすることすら恥ずかしくなったので仕方なく…。


作品No.15:もしもARM使いだったら2


No.14をデフォ戦で表現した作品です。
ARMという便利な道具を使うんですが…使用する時にMPを使うんですね。
これなら別にスキルでいいじゃん!
いや、アイテムだからこそ…というのもありますし…。
うーんちょっとだけ面白い着眼点を垣間見えました。公開しませんけど。


作品No.16:ステージ2がクリアできない


安価ゲーです。
だいぶ困った覚えがあります。
だから早めに切り上げたんですが…あんまり面白くないです。
この頃はこんなものばっかりツクってたのか!


作品No.17:コテハン死ね


今回公開する作品はなんとこれだけです。
当時活動していたツクスレのコテハンが全員集合した、時代を感じるゲームです。
おまけ程度にデフォ戦が搭載されている基本見るゲです。
当時自分が何を考えていたのかを多少再確認できました。
荒らしダメ絶対。


今回は黒歴史作品がかなり多かったです。
しんどかったです。
黒歴史も歴史とはいえ…、抹消したい過去というものはあるもの!
そんな過去をどうするべきか、みなさんも一度向き直ってみてはいかがでしょう?
開き直って黒歴史を公開するのも乙なもんですよ。
私には出来ませんでした。

さて、次回はもうちょっとマシな作品が並べられそうです。
マシといっても当時の水準で言うとですが!
ご期待あれ!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。