スポンサーサイト

--.--.--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅白2014作品PIAI No.59 アーディスじゃん!

2015.07.17

言うまでもないことですが、
ツクスレには数多のksgが投稿されているわけでして、
その流れで紅白などの祭りにもksgがエントリーされるということも
往々にしてあることです。
大事なことなので何度でも言います。

さて、今回遊んだゲームは…紛うことなきksg、うんksgでした。
では早速、VIPRPG紅白2014 No.59 アーディスじゃん!



SSからも感じとれるレベルのksgっぷりですね。
えっと…アーディスとヘレンが出て…ヘレンが旅するゲームです。
ただの見るゲのように見せかけて、ksgです。

しかしなんだかPIAIしてて懐かしさを感じるノリでした。
ksgと言えばこんな感じだよなーと思わせてくれましたね。
最近ツクスレのksgをあまりPIAIしてなかったんですが、
ちょっとやってみようかな?
やっぱりツクスレにうpされるゲームを遊んでなんぼですよね。

と、何故かツクスレのksgをやってみようと喚起させてくれる
不思議なノリをもったゲームでした。
嫌いじゃないんですよね、このノリ。
とは言うものの…、
まあ…ksgでした。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
アーディスじゃん!
スポンサーサイト

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.58 ながされてうんこ

2015.07.16

言うまでもないことですが、
ツクスレには数多のksgが投稿されているわけでして、
その流れで紅白などの祭りにもksgがエントリーされるということも
往々にしてあることです。
祭りだからと言って空前絶後の超大作ばかりがエントリーされるとは
限らないということですね。

さて、今回遊んだゲームは…紛うことなきksg、いやクソゲーでした。
では早速、VIPRPG紅白2014 No.58 ながされてうんこ



SSからも感じとれるレベルのうんこっぷりですね。
周りの人には流されないがトイレの水には流される主人公うんこ
流れ者のように水道を旅するゲームです。
ただの見るゲのように見せかけて、デフォ戦を搭載しています。

基本的に水道を流れる感じで旅をするのですが、
はしごを登れず地面の上を歩けないなど、
主人公がうんこであることを感じさせるゲイコマ描写がむかつきます
劇中はうんこばっかり出てきます。
他に特にいうことはないです。はい

ただ、デフォ戦はあまりいただけないです。
主人公等の回復手段がかなり乏しく、
戦闘不能にでもなろうものなら詰んじゃうんじゃないかと思います。
回復手段はもうちょっと確保させてほしかったですね。

まあ…クソゲーでした。
最後の方やたら展開が熱かった気がしますが、
クソゲー感を拭い去ることはできませんでした。

なお念のため、このゲームには脱糞シーンがありますが、
ドット絵アニメや効果音を駆使してまで脱糞を描写してはいないので、
家族が近くにいても安心してPIAIできますね。

以前私がツクスレのksgをPIAIする配信をしてたとき、
ツクスレ事情に詳しくない別ゲーで私を知っているリスナーが
興味本位で配信を覗いてくれた時に
精巧に描写された脱糞シーンを配信してしまいドン引きされたことがありますが、
そういう心配は多分ないです。はい。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
ながされてうんこ

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.53 マンドラゴラ・ホラー・ショー~作者コレクター~

2015.07.14

以前ホラーゲームが苦手と書きました。
しかしホラーと名がつけばもう途中でF12するほどダメなのかと言われると
別にそういうわけではありません。
ちゃんと最後まで問題なく遊べる場合もあります。
そういう場合、私視点で大して怖くなかったというゲームです。

さて、今回はホラーと名がついていますが…、
ネタバレすると最後まで遊べました。
ではVIPRPG紅白2014 No.53 マンドラゴラ・ホラー・ショー~作者コレクター~



マンドラゴラが経営する(?)旅館に泊まることになった主人公のおっさん。
その旅館で、よく分からない事象を多数体験することになるという内容です。
ぶっちゃけて言うとあんまり怖くないので、
ホラー初心者の皆さんでも安心して遊べます。

感想掲示板を見ると、どうやら元ネタがあるようですが…、
元ネタを知らない私がこのゲームを遊んだ感想は、
よく分からなかったでした。
お話の内容は確かに不気味ではあったのですが、
それ以上のことを思うことはありませんでした。

元ネタをなぞるだけだったのか、
それとは別にプレイヤーを怖がらせたかったのか、
定かではありませんでしたが…、
作者の意図したような楽しみ方を出来たかと言われると、
多分楽しめてないですね。
ちょっとツクりが荒い印象でした。

変な世界観をちょろっと味わう分には
いいものかと思います。

ホラーゲーをツクるには視覚的聴覚的な部分が
どうしても求められるので、
使用素材に気をつけなきゃいけないのが大変だなぁと思いました。
RTPだけで恐怖感を出すのはだいぶ難しそうですね。
どうでもいいですけど、RTPで一番怖い素材はBGM:なしですかね。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
マンドラゴラ・ホラー・ショー~作者コレクター~

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.52 ツクスレビンゴ

2015.07.13

2014紅白VIPRPGのNo.50台 期限内提出作品を遊び終わりました。
なんというか流星のように駆け抜けながらPIAIした感じです。
短編が多かったという意味で他意はありません
遅刻作品はボリューム大なのもあるようですが、後にとっておきましょう。

さぁ今回遊ぶのもパズルゲームです。
2014年度はパズルゲームがなかなかに豊作ですね!
こちら、VIPRPG紅白2014 No.52 ツクスレビンゴ



タイトル通りビンゴゲームです。
アトランダムの目が出るダイスを振りながら、
ビンゴを目指す単純かつ奥が深いゲームです。
複雑な条件を満たしたビンゴを出す必要もあり、
それが奥を深く深くしているというわけです。

特徴は通常のビンゴ版と比べてマス数が多いのと、
ダイスやマスをあけるのにエネルギーが必要ということです。
出目をすぐに開けずにストックするなどの要素を
上手く使ってエネルギー消費を抑えながら効率よく、そして条件を満たすように
ビンゴを狙っていくかがポイント…と思いきや、
とにかくオートを使いこなす方が重要かもしれません。

オートである程度のところまで進めて楽するというのも大事です。
アイテムなどを使わなければダイスの出目はコントロールできないので、
場合によっては条件を満たせないパターンもあるでしょう。
トライ&エラーを楽にするという点でも、オート機能は活用したいところです。
というかこのオート機能自体が凄いですね



難易度の高いビンゴを狙うのが
実績の解除的なことをやってる感があるので思ったより楽しいです。
ビンゴというシンプルなゲームをうまいこと
要素を絡めて良い感じの仕上がりにしていますね。

個人的には、いわゆる5×5のもっと小さい盤面のビンゴを用意して、
条件を満たすようにビンゴさせる…、
もっと簡単なモードがあってもよかったのかなとも思いました。
いきなり9×9をポンと出されて3箇所同時ビンゴを狙うとか、
難しいのかなとも思ったので…。
まぁ基本はオートが頑張ってくれるんですけど

なかなか面白かったです。
ちなみに一度だけオートを使わずに
最初から最後まで自分の力だけでやろうとしました。
発狂しそうになりました。

参考リンク
VIPRPG紅白2014
ツクスレビンゴ

tag: VIPRPG  RPGツクール 

紅白2014作品PIAI No.51 現実はゲームであり、ゲームは現実である。

2015.07.12

2つの世界は基本的に全く同じように見えるのに、
もしくはほんのちょっとだけ違う今と違う程度に感じるのに、
何かが決定的に違う系のお話…私それなりに好きであります。
いわゆるパラレルワールド物とかタイムスリップ物がそれなりに好きです。

舞台はまるっきり同じだけど
ストーリー展開だけが異なる…というのとは少し違いますね。
いつもの世界と何かがおかしい感じが好きです。
なんかちょっと怖い系のドキドキ感がありますよね。

私が実際に遊んできたゲームだと、
ドラゴンクエスト6とか、クロノクロスとか、
テイルズオブデスティニー2(現代/10年後未来)とかですかね…。
悪魔城ドラキュラ 白夜の協奏曲のようなのも好きかも。
フリーゲームとかまで記憶を遡るともっと色々あるはずなんですが、
すみません忘れました
年かのぉ…。

というわけで、そんな感じのゲームを遊ばせていただきました。
こちら、VIPRPG紅白2014 No.51 現実はゲームであり、ゲームは現実である。



VXACE製の短編見るゲです。
ネタバレかもしれませんが冒頭にお話しした要素が含まれています。
何というか、もやもやした気分にさせてくれる内容でした。
ゲーム自体は微妙にゲイコマでよい感じです。

話としては良い題材だと思うのですが…、
もうちょっと長かったりするともっと楽しめたかもしれません。
そういう意味では少し残念です。

こういうお話、自分もツクってみたいなぁと思ってました。
ほんのちょっとずつ、しかし確実に何かがズレている2つの世界。
もしくは表世界と裏世界として、裏世界には闇の眷属がいるとか!
色々やれそうでいいんですよね!
そしてなによりパラレルワールド物の良いところは、
マップを使いまわせるところですしね!!!

参考リンク
VIPRPG紅白2014
現実はゲームであり、ゲームは現実である。

tag: VIPRPG  RPGツクール 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。